映画『インデペンデンス・デイ』あらすじと感想 7月4日は人間が地球を守った日


世界各地の空を大きに突如宇宙船が現れる。彼らの真の目的は?コミュニケーションを取ろうとする人間を彼らは突然攻撃したのでした。大都市が襲われ地球滅亡の危機。地球は人間はどうなってしまうのでしょうか?

『インデペンデンス・デイ』作品情報

タイトル インデペンデンス・デイ(Independence Day)
監督 ローランド・エメリッヒ
公開 1996年12月7日
製作国 アメリカ
時間 2時間25分

Rotten Tomatoes

『インデペンデンス・デイ』あらすじ


インデペンデンス・デイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

宇宙センターで衛星アンテナが奇妙な音をキャッチした。

報告によると、質量が月の4分の1もある巨大な物体が地球に接近しつつあるという。

その正体は異星人の宇宙空母であった。

彼らは人類への攻撃を開始し、主要都市は一瞬にして廃墟と化す。

絶滅の危機にさらされた人類は、ついに史上最大の作戦を開始する!

(出典:http://www.foxjapan.com/independence-day)

エリア51に宇宙人はいた!

出典:IMDb

世界各地の空に突然現れた大きな宇宙船。
彼らは地球の衛星を使って地球攻撃の信号を送りあっていました。
彼らに攻撃されて世界は壊滅状態になった時、国防長官がエリア51に隠してある秘密について語ったのでした。

エリア51とは?
それはアメリカにある都市伝説の1つです。
1947年にロズウェルにUFOが墜落したと言われてます。
そしてその時に捕まえた宇宙人がエリア51に隠されているという噂があるのです。

これはアメリカ人であれば多くの人が知っている都市伝説です。
『インデペンデンス・デイ』ではそれが事実だったという設定になっていました。

エリア51には宇宙船とその時に捕まえた宇宙人の標本が隠されていました。
さらに宇宙人に関しての研究が行われていました。

そしてここにあった宇宙船を使って地球を全滅さえようとしている宇宙人と戦うことになるのです。

宇宙人との戦いを支えたのは「愛」

出典:IMDb

SF超大作で人間と宇宙人の戦いを描いた『インデペンデンス・デイ』。
アカデミー賞視覚効果賞を受賞し、興行収入的にも世界で大ヒットした映画です。
壮大なスケールで宇宙人との戦いを描いていましたが、それ以外にたくさんの「愛」が描かれていました。

恋人との愛
夫婦の愛
親子の愛
家族の愛
そして人類愛・地球愛を描いています。

地球を守るという1つの目的のために全世界の人達が、1つになって戦ったのでした。

人類の危機に接した時、彼らが気がついたのは「愛」だったのです。
そしてその愛する大切な人のために、命をかけて宇宙人と戦うことを決めたのです。

各自が自分の得意分野を活かして戦いに挑みます。
そして残された人たちは、愛する人が無事に戻ってくることを祈ったのです。

壮大な宇宙と人間の愛。
2つの大きな物語が交じり合うのが『インデペンデンス・デイ』でもあったのです。

まとめ

世界中で大ヒットした映画『インデペンデンス・デイ』。

全世界が1つになって宇宙人と戦う物語で、世界のつながりを感じる映画でもありました。

東京のシーンも一瞬映ります。

想像を絶する敵が目の前に現れた時、私たちは1つになって愛のために戦うのでした。

 

スポンサーリンク