映画『ルーパー』あらすじとネタバレ 悪のループを終わらせたルーパー


西暦2074年の世界ではタイムトラベルが開発されています。犯罪に使われるために使用が禁止になったタイムトラベルを使っている悪の組織。2044年の世界でルーパーとして働く男の前に現れたのは30年後の自分でした。

『ルーパー』作品情報

タイトル ルーパー( Looper)
監督 ライアン・ジョンソン
公開 2013年1月12日
製作国 アメリカ
時間 1時間53分

Rotten Tomatoes

『ルーパー』あらすじ


LOOPER/ルーパー Blu-ray

タイムマシンの開発が実現するも、法律で使用が禁じられている近未来。

法を恐れぬ犯罪組織が、消したい標的をタイムマシンで30年前に送り込み、そこにいる「ルーパー」と呼ばれる暗殺者に標的を殺させていた。

凄腕ルーパーのジョーはある日、いつものようにターゲットの抹殺指令を受けるが、未来から送られてきた標的は30年後の自分自身だった。

(出典:https://eiga.com/movie/77480/)

『ルーパー』の世界観

出典:IMDb

2074年からやって来たジョー。
彼の目的は妻を殺した組織のボスを殺すこと。

しかし2044年には30年前の若い自分がいます。
若いジョーは30年後の自分を殺さないと組織から殺されてしまいます。

ジョーは30年後の自分を殺すために、レインメーカーを探しだしやってくるであろうジョーを待っていたのでした。

ループを終わらせる

出典:IMDb

30年後のジョーを待つ若いジョー。
未来のレインメーカーであるシドとその母親と過ごす内に、彼の中の気持ちが変わり始めて来ます。

最初か二人のことはどうでも良く、自分のために30年後の自分を殺そうとしたいたジョー。
しかしシドと触れ合うことで穏やかな気持ちになり、またシドの母との時間で愛を知ったのでした。

妻のためにやってくる30年後のジョー。
この時初めて30年後の自分の気持ちがわかったのかもしれません。

そしてジョーは未来を見ます。
復讐が復讐を生み、終わることのない悪の連鎖、憎しみの連鎖。
これがずっと続くのだと。

であれば、この悪のループを終わらせるには方法は1つ。
ジョーは持っていた銃を自分に向けたのでした。

ジョーはこれからの未来をシドに託したのです。

なぜならシドは母の愛情を知り、怒りを忘れ愛の中で大人になっていくからです。
シドを消すことで未来を変えるのではなく、自分が消えることで未来を変えたのがジョーだったのです。

まとめ

タイムトラベル映画の1つである『ルーパー』。

SF的でサスペンス的な映画でもありますが、ラストは未来を変えるために決断をした男の希望の物語でもありました。

負の連鎖を断ち切るためにジョーが行ったこと。

それはきっと明るい未来につながるはずです。

 

スポンサーリンク