映画『とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー』モルモット愛と映画愛が満載「PUI PUI モルカー」


モルモット+車=PUI PUI モルカー。あまりにも可愛いキャラクターから、ファン続出のPUI PUI モルカー。そんなモルカーが劇場で限定公開。あの大画面でモルカーを見ることができるのです。しかも3DやMX4Dなので、PUI PUI モルカー達が暮らす世界に飛び込むことができるのです。

『とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー』作品情報


PUI PUI モルカー [DVD]

タイトル とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー
監督 見里朝希
公開 2021年7月22日
製作国 日本
時間 34分

情報

2021年1月よりテレビ東京系「きんだーてれび」内にて放送を開始、SNSを中心に瞬く間に話題となった「PUI PUI モルカー」。

モルモットが車になった世界を舞台に、癒し系の車<モルカー>が活躍するという斬新な世界観は子供から大人まで魅了しました。

そしてこの夏、モルカーたちが初めて映画館にやってきます!

映画では3D・MX4Dでアニメ全12話を一挙上映 (一部、2D上映)。

(出典:https://www.toho.co.jp/theater/ve/molcar_movie/)

 テレビ版「PUI PUI モルカー」

元々はテレビ東京系「きんだーてれび」のなかで2021年1月から始まった「PUI PUI モルカー」。

モルモットと車が融合されたモルカーは、見里朝希の「もしもモルモットが車だったら?」という発想から誕生しました。

1話2分40秒のストップモーションアニメ「PUI PUI モルカー。
12話からなる物語には、色んなPUI PUI モルカーが登場し楽しいモルカーの世界を見ることができます。

「もっともっと見ていたい」と思ってしまうモルカーですが、2分40秒を作るのになんと制作期間1ヶ月もかかります。

12話全てが出来上がるのに、18ヶ月もかかりました。

それもそのはず、1日で作ることができるのは4~5秒間の映像だけなんです。

莫大な時間と労力をかけて作られた「PUI PUI モルカー」ですが、その世界はモルカーの可愛さで溢れています。

監督のお姉さんがモルモットを飼っていたことから、監督はモルモットに夢中になったそうです。
劇中に出てくるモルモットの声は、本物のモルモットの泣き声。

監督のモルモット愛が詰まった作品にもなっています。

物語の第11話「タイムモルカー」には、監督のお姉さんが飼っているつむぎちゃんも登場していますよ。

(ちなみに第3話の「ネコ救出大作戦」に登場する猫も、お姉さんのペットのチャッピーです。)

映画愛満載「PUI PUI モルカー」

映画が大好きという里見監督。
「PUI PUI モルカー」は、そんな里見監督の映画愛が詰まった作品でもあります。

ワイルド・スピード』が好きという監督は、モルカーで『ワイルド・スピード』のようなカーアクションを見せてくれています。

さらに、『インディ・ジョーンズ』『ミッション・インポッシブル』『スーパーマン』や『バットマン』そして、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思い出させるエピソードもあります。

それ以外にも、各エピソードの中に『AKIRA』や『バンブルビー』などを元にしたポスターなども登場し、可愛いモルカー以外にも目を奪われるシーンがたくさん出てきます。

何度見直しても新しい発見ができるのも「PUI PUI モルカー」の人気の理由の1つなのです。

「PUI PUI モルカー」の中に、どんな映画作品を見つけることができるか?

そんな見方をしても面白いかもしれませんね。

 

まとめ

モルモット愛と映画愛が詰まった物語『とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー』。

お家で見てもモルカーの可愛さは充分すぎるほど伝わってきますが、劇場では立体になったモルカーを堪能することができます。

可愛い鳴き声にピクピクするモルカーの動作。

魅力あふれるモルカーの世界にどっぷりと浸ってみてください。