映画『ジュラシック・パークIII』サイトBで育っていた恐るべき恐竜


ジュラシック・パークで一度恐竜に襲われたグラント博士。彼が再び恐竜のいる島へ戻ることになってしまいます。今回博士が向かったのはサイトB。恐竜が保護され自由に生きている島です。しかしそこには、博士が予想もしていなかった恐竜がいたのです。さらに再びあのラプトルが襲いかかってくるのです。

『ジュラシック・パークIII』作品情報


ジュラシック・パークIII [Blu-ray]

タイトル ジュラシック・パークIII (Jurassic Park III
監督 ジョー・ジョンストン
公開 2001年8月4日
製作国 アメリカ
時間 1時間32分

Rotten Tomatoes

あらすじ

(引用:MIHOシネマ

恐竜の島(サイトB)

再び恐竜のいる島に向かうことになってしまったグラント博士。
今回彼が向かうのは、恐竜を孵化させていたサイトBです。

ハモンドによって保護された島は、今では全島立ち入り禁止になっていて、恐竜が自由に生きていました。

しかしそこには、グラント博士が想像もしていなかった恐竜もいたのです。
安全な場所で研究をしていた博士は危険な場所に戻ったことで、新たな発見をすることになったのです。

スピノサウルス

あのティラノサウルスを倒してしまうほどの恐竜。
背びれがあってとにかく巨大で、しかも鳴き声も大きいスピノサウルス。

ジュラシック・パークでも前回のサイトBでも見かけなかった恐竜です。
どうやらインジェン社のリストにも載っていません。

彼らは勝手に色んな恐竜を創っていたのでしょう。
その1つがこのスピノサウルスだったのです。

ティラノサウルス

ジュラシック・パークではラプトルから博士達を救い、本土にいった時にはサンディエゴの街で暴れまくったティラノザウルス。

しかし今回は、スピノサウルス前になすすべもなく、首を噛まれて倒れてしまいました。

ヴェロキラプトル

ますます賢さを見せてくれたヴェロキラプトル。

相変わらずの凶暴さを持っていますが、他の恐竜のようにただ人間を襲うわけではありません。
罠を仕掛け人間を誘き寄せたり、仲間を呼んだりとその頭の良さには驚かされます。

しかも今回博士達を追いかけたのには、理由がありました。
卵を盗まれたからです。

凶暴なだけでなくその頭の良さが不気味さでもあるのです。

プテラノドン

今回新たに博士達を襲ったのが、プテラノドン。

空から人間めがけて飛んできて、人間を捕まえるとそのまま巣まで運んでいきました。
子供のエリックはあっさり捕まっていてしまったので、どれほど大きいかがわかります。

ビリーはなんとか生きていましたが、それでもくちばしや爪でやられていてかなりの怪我を負っていました。

そして最後には新たな巣を探して、空を飛んでいました。

コンプソグナトゥス

エリックが「コンピー」と呼んでいた恐竜。
前回女の子を襲ったり、島にやってきたハンターを襲ったあの恐竜です。

見た目は小さな恐竜ですが、彼らは束になって人間に襲いかかってきます。

今回はエリックのいた隠れ家付近で、その姿を見ることができました。

まとめ

仕方なくサイトBに行くことになってしまったグラント博士。

彼はそこで再び恐竜に襲われることになってしまいます。

しかしそこで彼は研究を続けていたラプトルの、知能の高さを目にすることになります。

嫌な経験から現場を離れていた博士でしたが、今回の再び恐竜を肌で感じたことでたくさんのことを知ることができたのです。