映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』恐竜は別の島で繁殖していた


4年前に恐竜が暴れたことで頓挫したはずのジュラシック・パーク。しかし再びジュラシック・パークを作ろうとしている人物がいました。しかも今回は島ではなく、サンディエゴに。恐竜を本土に運ぶために向かったのは、ジュラシック・パークで育てていた恐竜を孵化させていた島でした。その島では恐竜が繁殖を始めていたのです。

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』作品情報


ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク [Blu-ray]

タイトル ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (The Lost World: Jurassic Park)
監督 スティーヴン・スピルバーグ
公開 1997年7月12日
製作国 アメリカ
時間 2時間9分

Rotten Tomatoes

あらすじ

(引用:MIHOシネマ

サイトB

4年前にオープンするはずだったジュラシック・パーク。
しかし恐竜の胚を盗み出そうとしたエンジニアがシステムをオフにしてしまったことで、恐竜達が檻から逃げ出してしまいました。

あれから4年。
実はサイトBで恐竜は育っていたのです。
サイトBでは恐竜を孵化させ飼育し、その後ある程度育った恐竜をジュラシックパークのある島に移していたのです。

しかしサイトBはハリケーンにあい施設は破壊してしまいます。
そこでジュラシック・パークを作ろうとしていたハモンドは、恐竜を自然に返しました。

するとなんと恐竜は自らの力で生き続け、島で繁殖を続けていたのです。

古代の恐竜のDNAから作られたクローン恐竜。
彼らはアミノ酸を摂取しないと生きていけません。
ジュラシック・パークではアミノ酸酵素を与えいましたが、クローン恐竜はアミノ酸を摂取できないと7日間で死ぬはずでした。

しかしサイトBでは恐竜は生きていたのです。
彼らはなぜ生きてきたのか?

それはサイトBの島にはアミノ酸の豊富な豆類が生息していました。
豆類を草食動物が食べ、その草食動物を肉食動物が食べることで彼らは生態系を形成して繁殖し続けていたのです。

人間が創ったクローン恐竜は、人間の手を離れ自分達の生存能力のみでこの地球に生き残ったのです。

 

サイトBの恐竜達

ティラノサウルス

前作にも登場したT-レックスは、今作にももちろん登場します。
しかも子供と母親・父親を家族で姿を見せたのです。

彼らの嗅覚は古代生物の中で最高で、逃げる人間を嗅覚を頼りにどこまでも追いかけてきます。

ヴェロキラプトル

前作で凶暴さを見せつけたヴェロキラプトル。
体調2mで歯が鋭く手足に鋭い爪があり、しかも目のいいラプトル。

今作でも次々と人間に襲いかかります。
しかもサイトBではかなりの数のラプトルが生息していました。

コンプソグナトゥス

残飯をあさりあまり怖くないとされていたコンプソグナトゥス。
1体ではそれほど怖くありませんが、ディーターはたくさんのコンプソグナトゥスに襲われて死んでしまいました。

パキケファロサウルス

1番最初に捕まえられてしまった恐竜。
白亜紀最後の草食恐竜です。
ローランドは「まるい模様のあるデカ頭」と説明しています。

半球形の頭の頭蓋骨は直径25cmあり、首は頭蓋骨の下についています。
首を下げ背骨と頭蓋骨を一直線にして頭突きしながら襲いかかってきます。

パラサウロロフス

ローランドが「デカい冠のついたプレスリー頭のやつだ」と説明していた恐竜。
ディーターが麻酔銃を撃って捕まえた恐竜です。

まとめ

実は恐竜は違う島で繁殖を続けていたという物語『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』。

彼らは自分たちの力だけで生き続けていましたが、そんな恐竜を人間は人間世界に引きずり出そうしてしまいました。

しかも親子を離れ離れにして。

しかしやはり今回も人間は恐竜には勝てませんでした。

恐竜は人間達から離れた場所で彼らだけで生きて行くのがベストなのです。