映画『300〈スリーハンドレッド〉』で知る古代ギリシアのテルモピュライの戦い


古代ギリシア時代。ペルシア帝国とスパルタの戦いを映画た『300〈スリーハンドレッド〉』。
たった300人に兵士でペルシア帝国の大軍に挑んだレオニダス1世の物語です。伝説に残る戦い。スパルタ兵は負けたにも関わらずレオニダス1世と300人に兵士達は英雄となりました。ここでは『300〈スリーハンドレッド〉』と通してテルモピュライの戦いを学びたいと思います。

『300〈スリーハンドレッド〉』作品情報


300 〈スリーハンドレッド〉 [Blu-ray]

タイトル 300〈スリーハンドレッド〉(300)
監督 ザック・スナイダー
公開 2007年6月9日
製作国 アメリカ
時間 1時間57分

Rotten Tomatoes

あらすじ

紀元前480年、それまで千もの国々を征服してきた大帝国ペルシアはスパルタを次なる標的に定め、ペルシア大王クセルクセスに服従の証を立てるよう迫ってきた。

これに対し、戦士の国スパルタの王レオニダスはその要求を一蹴、100万の軍勢を持つペルシアと戦うことを決意する。

そして、レオニダスのもとには強靱な300人の精鋭が集結するのだった。

さらにアルカディア軍などの援軍も得たレオニダスは、海岸線に連なる狭い山道のホット・ゲートに敵を誘い込む作戦を掲げ、300人の勇士と共に立ちはだかる。

やがて、ペルシアの大軍が現われ、熾烈極まる死闘が始まった。

圧倒的に不利と思われたスパルタ軍は怒濤の攻撃で敵軍を粉砕し、緒戦となる一日目は勝利を収めるのだが…。

(出典:https://www.allcinema.net/cinema/327079)

スパルタ王国

「スパルタ教育」でも知られている古代ギリシアのスパルタ。

厳しい軍国主義で子供を戦士として育ててる国でした。

その厳しさは『300〈スリーハンドレッド〉』の中では「アゴゲ」という儀式として描かれています。
彼らは「決して逃げるな 降参するな」という教えで巨大な陸軍を作り上げました。

『300〈スリーハンドレッド〉』の舞台は紀元前480年です。
当時のスパルタの王はレオニダス1世でした。

ペルシア帝国がギリシアを侵略しようとしている時代。
レオニダス1世はデルポイで神の意志を聞くと「王が死ぬか、国が滅びるか」という答えでした。
映画の中では「スパルタは滅びる ギリシア全土が滅びる」という言葉になっています。

多々開く事を決めたレオニダス1世は、300人の兵士を連れてペルシア帝国の大軍との戦いに出向いたのでした。

テルモピュライの戦い

『300〈スリーハンドレッド〉』の中で描かれるペルシア帝国とギリシアの戦いペルシア戦争。

ペルシア戦争の中でレオニダス1世と300人の兵士とペルシ帝国の戦いはテルモピュライの戦いと言われています。

レオニダス1世が戦いの場に選んだテルモピュレ(テルモピュライ)。
ここは山の崖とマリアコス湾に挟まれていて、もっとも狭い場所では幅が15mしかありません。

防衛に適した場所とされていて、300人のスパルタ兵はこの場所で210万ものペルシア帝国の兵士を3日間足止めにしたと言われています。

これが『300〈スリーハンドレッド〉』で描かれた戦いです。

最終的には背後に回られスパルタ兵は敗れてしまいますが、テルモピュライの戦いが多くのギリシア兵に勇気を与えました。

そしてその後の戦いで多くの兵士を率いてギリシア軍はペルシア帝国と戦うことになるのです。

今でもテルモピュライの戦いは語る注がれ、レオニダス1世はギリシアの英雄となっています。

映画の中で山で挟まれた道は「灼熱の門」と表現されています。

テルモピュレは熱泉が湧き出る場所でもあります。
そのことからギリシア語で熱い通路という意味のテルモピュレという名前がつけられました。

テルモピュライの戦いの戦いでスパルタ兵は全滅してしまいますが、ペルシア帝国の王クセルクセス1世の兄弟を2人殺しました。

そのこともまた彼らが英雄とされていることの1つなのです。

まとめ

実際にあったペルシア戦争のテルモピュライの戦いを描いた『300〈スリーハンドレッド〉』。

この映画を見るとなぜ彼らがギリシアで英雄とされているのかを知る事が出来ます。

降伏せず最後まで戦い抜いたスパルタ兵。

それはスパルタ教育による戦士としての教えを守り抜いたからだったのです。


300(スリーハンドレッド) (Shopro world comics)