映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』遠い昔遥か彼方の銀河で起こった悲劇


ついに自分の父親の正体を知ったルーク。一方レイア姫とハン・ソロはお互いの気持ちを確かめ合います。ルークにとっては悲しい出来事が続く『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』。ダークサイドに落ちるかどうか、ここがルークの正念場です。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』作品情報


スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲 [Blu-ray]

タイトル スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back)
監督 アーヴィン・カーシュナー
公開 1980年6月28日
製作国 アメリカ
時間 2時間4分

Rotten Tomatoes

あらすじ

前作で勝利を治めた反乱軍だが、帝国の奇襲によって雪の惑星ホスからの撤退を余儀なくされる。

ルークは戦列を離れ、ジェダイの騎士としての修行を積むべく惑星ダゴバへ。

ハン・ソロとレイア達は雲の惑星ベスピンへ逃れるが、そこにもダース・ベイダーの罠が待ち受けていた。

(出典:https://www.allcinema.net/cinema/11831)

アカデミー賞受賞
・録音賞
・特別業績賞

ルーク・スカイウォーカーの悲劇

反乱軍の自由の戦士を率いて帝国軍と戦うルーク・スカイウォーカー
オビ=ワン・ケノービの声を聞き惑星ダゴバに向かいました。

そこで出会ったのがマスター・ヨーダでオビ=ワン・ケノービの師匠です。


ムービー・マスターピース スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 ヨーダ 1/6スケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア

彼の元でフォースの使い方を学ぶことになったルークでしたが、なかなかフォースを身につけることができません。
ヨーダはそんなルークを見て、父親の姿を思い出していました。

ヨーダの「修行はまだ終わっていない」という忠告を無視して、レイア姫の元に向かったルークは、そこで自分の正体を知ってしまう悲劇が待っていました。

ルーク・スカイウォーカーの父親それはダース・ベイダーだったのです。
私はお前の父親だ」とダース・ベイダーに言われたルークはかなりショックを受けていました。

しかも戦いの最中に父親に片腕を切り落とされてしまいました。

父のこと知りショックを受けているルークには、もう1つ悲劇が待っています。
レイア姫のことが好きなルークでしたが、レイア姫はハン・ソロのことを想っていました。

ハン・ソロもレイア姫が好きなので、2人は両思いです。
でもまだルークはそのことを知りません。

出生の秘密だけでなく恋にも敗れてしまったルーク。

怒りと恐怖に取り込まれてしまうと、ダークサイドに落ちてしまいます。
ルークにとってダークサイドに落ちないために、いまが正念場なのです。

ハン・ソロの悲劇

レイア姫のことが好きでいながら、なかなか素直になれないハン・ソロ
それはレイア姫も同じでした。

それでも彼女を守るためミレニアム・ファルコンにレイアを乗せて、惑星ホスから逃げ出します。

そして向かったのは腐れ縁のランド・カルリジアンのいる惑星ベスピンに向かったのでした。

しかしそこで友に裏切られてしまいました。
ダース・ベイダーの手によって凍らせられてしまいました。

直前にレイア姫と愛を確認し合いますが、ハン・ソロは凍ったまま賞金稼ぎのボバ・フェットによって連れ去られてしまいます。

ジャバ・ザ・ハットに追いかけられたいたハン・ソロを捕まえたボバは、ハン・ソロを連れてジャバの元に向かいました。

 


Star Wars – Statue: Han Solo On Tauntaun

まとめ

父の正体を知ったルーク。
しかも愛するレイアは、ハン・ソロを愛していました。

一方お互いの想いを確認できたハン・ソロは、賞金稼ぎに捕まってしまいました。

ルーク、ハン・ソロともに悲劇のエピソードとなった『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』。

いよいよ次がダース・ベイダーとの戦いになります。