ドラマ『知らなくていいコト』第5話 本当の動機を知るために


孫を殺した元警察署長の取材を行ううちに犯人の動機に気がついたケイト。しかしその事実を公表することは犯人が望んだことではありませんでした。犯人の動機を探っていくうちに父親である乃十阿徹と犯人を重ね合わせてしまうケイトは、いつものように力強い記事を書くことができませんでした。

第5話あらすじ

30年前に乃十阿のとあが事件を起こしたキャンプ場を尾高おだかと共に訪れたケイト

未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。

翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則おきたひでのりがスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。

ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川くろかわに宣言し、早速事件の周辺取材へ。

(出典:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/05.html)

みんなが納得する動機

ケイトが取材に当たった元警察署長の孫殺し事件。
厳しいスパルタ教育の末に行きすぎてしまい孫を殺してしまったと世間では言われていましたが、犯人は一切犯行の動機を話そうとしません。

一方で、同じ特集班の小野寺がおっていた不法侵入の主婦の事件の本当の動機は新しい家電を使いたかったという変わったものでした。
しかし犯人は何度本当のことを言っても刑事も弁護士も納得してくれません。
尋問に疲れてしまい「寂しかった」「子供が欲しかった」というと刑事も弁護士もすぐに納得してくれたのです。

この話を聞いたケイトは「みんなが納得する動機」について考えます。
元警察署長の事件の「スパルタ教育」も勝手にみんなが納得する動機にしてしまっているのではと思ったのです。

本当の動機について知りたいケイトは被害者の周囲の取材をすることで、隠された動機が見えてきます。
しかし犯人は最後までその動機について一言も話さなかったのです。

ケイトがここまで「動機」について必死になったのは、もちろん自分の父である乃十阿徹の動機を知りたいとうこともあったのです。
乃十阿徹もまた犯行動機について一言も話していません。

罪を認めただけで犯行を話さない元警察署長にいつしか乃十阿徹を重ねていました。
そのことが記事を書くケイトの手を止めてしまいます。

犯人の証言はないまま記事を書かなければいけないケイトには、犯人の心情を想像することは辛くもありまた苦しいことでもあったのです。
結果、ケイトは記事を書くことができませんでした。

週刊誌の存在意義

週刊誌によるスクープで、色んな事件が明るみ出て人々の間で話題となります。
人のプライベートを暴き面白おかしく書く週刊誌に対して批判があることも事実です。

そんな批判に対して今回の『知らなくていいコト』では週刊誌の役目を視聴者に伝えていました。

その役目は2つあります。
本当のことを伝える
記者クラブ制度に守られて特権を与えられている新聞は警察や政府に忖度してしまう。
だから忖度しなくていい週刊誌が真実を暴き国民に伝えている。

人間の飽くなき探求
正義を振りかざすことでなく、人間の切実な生き様を読者に伝える。
人間の一面だけでなくその裏に隠されているものを伝えることが役目。

賛否両論ある週刊誌の存在について、『知らなくていいコト』ではこんな風に説明していました。

特に最初の理由は切り込んだ理由だと思いました。
これは実際に現在の記者クラブ対しての不満の声でもあります。
記者クラブの属さないジャーナリストに対して差別などもあり、現場では長年問題視されていることでもあるのです。

そんな現実に起きている問題を通して、週刊誌の存在の意味を視聴者に伝えようとしていました。

過度な取材などで度々問題となる週刊誌。
今回のエピソードを見ると、週刊誌のあり方を考えるのに参考になるのかもしれません。

まとめ

乃十阿徹の本当の動機が気になりいつもの自分のらしさを出すことができなかったケイト。
悩みながらも乃十阿徹にもう一度会いに行き、今度は彼に声をかけました。

自分の正体を明かし、話が聞きたいと伝えたケイト。
お金を要求する乃十阿徹に対してケイトはどうするのでしょうか?

そして来週ケイトが追いかけるのは今話題の不倫問題のようです。

現実でも次から次に出てくる有名人の不倫問題。
ケイトはそれに対してどう切り込むのでしょうか?

日テレドラマ