ドラマ『知らなくていいコト』第1話 お父さんはキアヌ・リーブス!?


週刊誌「週刊イースト」の雑誌記者である真壁ケイト。母親の有名な映画翻訳家の真壁杏南と二人暮らしのケイトは、ある日母親をクモ膜下出血で亡くしてしまいました。母親は「父親はキアヌ・リーブス」という衝撃的な言葉を残して亡くなりましたが、この言葉がケイトの人生を大きく左右することになってしまいました。思わぬ展開から始まった第1話。予想できない新ドラマにハマってしまいそうです。

第1話 あらすじ

一流週刊誌“週刊イースト”の特集班記者・真壁まかべケイトは、仕事に恋に充実した日々を送っていたある日、同居する映画翻訳家の母・杏南あんなが倒れたと連絡を受ける。

未婚のままケイトを育て上げた杏南は、病床でケイトの父があの“キアヌ・リーブス”だと言い残し、あっさり亡くなってしまう!

連載班の後輩で恋人の野中春樹のなかはるきに相談するもジョークでは、と取り合われない中、母の書斎から若き日の母とキアヌ・リーブスの写真が出てきて……!

(出典:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/01.html)

お父さんはキアヌ・リーブス?

『知らなくていいことコト』の主人公は週刊誌の記者である真壁ケイト。
ケイトの母親は有名な映画翻訳家で、多くの作品を手がけていました。

そんな母親がある日突然クモ膜下出血で倒れてしまいました。
急いで母親の元に駆けつけるケイトでしたが、母親は亡くなってしまいました。

しかも母親は「ケイちゃんのお父さんはキアヌ・リーブス」という言葉を残して旅立っていってしまいました。
母の死にも母の言葉にも驚きを隠せないケイト。

まさか自分の父親が『マトリックス』のキアヌ・リーブス?
そんなことがあるわけないと思いながらも、恋人や元恋人に話してしまうほどでした。
しかも母親の部屋にはキアヌ・チーブスのツーショット写真やキアヌの直筆の手紙が残されていました。

「1986年に二人が出会い、翌年自分が生まれた?」なんて考えていたケイトでしたが、どうやらそれは母の残していった愛だったようです。

彼女は母の部屋で遺品を整理しているときに、本当の父親につながら指輪を見つけてしまったのでした。


The Matrix [Blu-ray]

隠された物語のヒント

第1話からケイトの人生に思わぬ展開が起きてしまいます。
母が亡くなりしかも父親が殺人犯だと知ってしまいました。
さらに恋人には、「好きだけど結婚できない」と言われてしまったケイト。

急激な展開で始まった『知らなくていいコト』でしたが、実は最初にこの物語の展開のヒントが少しだけ隠されていたのです。

母の部屋に入ったケイトが手にした母のインタビューが載っていた雑誌。
それは母が『クレイマー、クレイマー』について語っているものでした。


クレイマー、クレイマー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

しかもその記事には、「不仲となった夫婦とその狭間で揺れ動く子供による家族の物語である」と書いてあります。

これはケイト家族のことを言っているのかもしれません。
母と殺人犯の父の間に何があったのか?
この先ケイトは二人の過去を特に父の過去を調べながら、衝撃を受けていくのでしょう。
そしてその両親の間でケイトは揺れ動くことになりそうです。

実際1話からケイトには衝撃的な展開が待っていました。
それが恋人との別れでした。
結婚を誓い合ったのに、次の日結婚を辞めると言われてしまったケイト。
この先の彼女の人生が前途多難であることを示しているようにも見えました。

さらにケイトという名前にも意味があります。
ジョン・スタインベックの小説『エデンの東』の登場人物の名前をつけられたケイト。
『エデンの東』は母と父を結びつけていたものです。


エデンの東 新訳版 (1) (ハヤカワepi文庫)

「エデンの東」では父親の愛を求めた息子の物語ですが、この物語の登場する母親の本性は怪物でもありました。

その母親について卒論を書いていたのがケイトの母親杏南でした。
しかも父親は「エデンの東」を書いたスタイベックの研究の第一人者だったのです。

母と父を結びつけた『エデンの東』。
さらにその作品から名前をつけられたケイト。
父親の本性が暴かれるのか?それとも母親の本性を知ってしまうのか?

『エデンの東』に『知らなくていいコト』の今後の展開のヒントが隠されているようです。

ケイトのスクープ

『知らなくていいコト』はケイトの今後の展開がメインですが、もう1つ気になるのがケイトの暴くスクープです。

今回はお年寄りを狙った詐欺事件を暴いていましたが、これは実際に似たような事件がありました。

2018年頃、国境なき医師団になりすました詐欺グループがお年寄りからお金を奪う事件が多発していました。
SNSなどで連絡をとり、シリアなどで働いている国境なき医師団の医師になりすました人物が高齢者にお金を振り込ませていたのです。

今回のエピソードではこの事件を暴いたケイトでしたが、被害者の想いを記事にしました。

この先、ケイトがどんなスクープを暴いていくのかとても気になります。

「この国はトップも平気で嘘をつく」というセリフもあった『知らなくていいコト』。
記者を通じて今の日本の闇を暴いてくれることにも期待してしまいます

まとめ

1話目から色んな展開が起こり、盛りだくさんな状態で始まった『知らなくていいコト』。

「知らなくていいこと」を知ってしまったケイトがこの先どうなっていくのか?
ケイトに何が待ち受けているのか?

またケイトは記者として、どんな隠された「知らなくていいこと」を暴いていくのか?

色んな楽しみがありそうな『知らなくていいコト』に期待しています。