アニメ『ガールズ&パンツァー』最終話「あとには退けない戦いです!」ティガーⅠ vs Ⅳ号戦車H型(D型改)


『ガールズ&パンツァー』最終話では黒森峰女学院との戦いに決着がつきます。ドイツ戦車相手に軽戦車・中戦車のチームがどんな戦いを見せるのか?ラストでは成長し戦車について戦いについて詳しくなった大洗女子学園の戦車道のメンバーを見ることができました。

『ガールズ&パンツァー』最終話「あとには退けない戦いです!」


ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX (特装限定版)

黒森峰のマウスの圧倒的な力に押される大洗女子。

だが、ここでマウスを倒さなくては、形勢の逆転はあり得ない。

カメさん(生徒会)チーム、アヒルさん(バレー部)チーム、そしてあんこうチームは捨て身の作戦で挑む。

果たして活路は開けるか。

大洗女子の命運は!?

(出典:https://girls-und-panzer.jp/story_12.html)

vs マウス

大洗女子学園の5両の戦車で一斉に攻撃してもマウスは全くびくともしません。
防御力を重視して作れられ最大240mmにもなる装甲はどんなに至近距離で攻撃しても抜くことができません。

そんなとき「戦車が乗っかりそうな戦車だよ」と言った沙織の言葉にヒントを得たみほは、すごい作戦を思いつきました。

マウスの装甲の弱点。
戦車の頭のスリットを狙うことにしました
60mmの装甲のヘッツァー仕様38tをマウスの下に潜り込ませて、マウスを動けなくします。
さらにマウスの砲塔を回転させたところで八九式戦車で砲塔をブロックし、スリットを狙い攻撃しました。
スリットとは、外部を監視する小さい隙間のことです。
装甲の弱い部分をつき、みほ達はマウスを仕留めることができたのでした。

戦略大作戦

決勝戦前に『戦略大作戦』を見て作戦を考えたウサギさんチーム。
エレファント相手にその作戦を使います。

エレファントとはちろんドイツの重駆逐戦車エレファントです。


プラッツ ガールズ&パンツァー 重駆逐戦車 エレファント 黒森峰女学園 1/35スケール プラモデル GP-37

88mm砲搭載のエレファントは、戦車を駆逐するために作られました。
さらに装甲は最大200mmになります。
マウス同様にまともに正面から攻撃しても勝負にならないため、ウサギさんチームは『戦略大作戦』でシャーマンがティーガーを撃破したように、後ろに回り込むことにします。

市街地の路地をうまく利用しエレファントに後ろに回り込んだM3中戦車リー。
しかしゼロ距離から撃っても装甲を破ることはできません。
そこでエレファントの薬莢を捨てる穴を狙って攻撃し、エレファントを装甲不能にしたのでした。

ティガーⅠ vs Ⅳ号戦車H型(D型改)

黒森峰女学院と大洗女子学園のフラッグ車同士の一騎打ちとなった最終局面。
それは西住姉妹の勝負でもありました。

ティーガーを倒すためにティーガーの唯一の弱点でもある後ろの回り込みたいみほ。
これはウサギさんチームが見た映画『戦略大作戦』の中でも使われた作戦です。

一発で仕留めるために履帯が切れても最終勝負に出たみほ。
全速力で正面から一気に後部に回り込み、ティーガーを仕留めたのでした。

黒森峰女学院を破り全国大会で優勝することができたみほが率いる大洗女子学園。
廃校を免れ、みんなの戦車道への愛と仲間の絆が深まった瞬間でもありました。

まとめ

戦車道という架空の物語が描かれた『ガールズ&パンツァー』。
しかし物語に登場する戦車はどれも実在した戦車で、大洗女子学園の戦車道のメンバーが戦車の知識を深めていくのと同じように、見ている側も戦車の知識をつけることができました。

戦車の面白さや凄さにはまってしまいそうなのが、『ガールズ&パンツァー』です。

ブームを巻き起こし大洗にも聖地巡礼に多くの人が訪れるようにもなりました。

戦車好きはもちろん初めてこのアニメで戦車について知った人も、このアニメを見終わった頃には戦車への愛が深まっていると思います。