アニメ『ガールズ&パンツァー』第11話「激戦です!」史上最大の超重戦車登場


ついに始まった決勝戦。激しいドイツ戦車の攻撃を受けながらも仲間と一緒に戦い続けるみほが率いる大洗女子学園。次々と登場する重戦車を前に色んな作戦で逃げ切るみほでしたが、ついに史上最大の超重戦車が登場してしまいました。

ガールズ&パンツァー』第11話「激戦です!」


ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX (特装限定版)

黒森峰女学園と熾烈な戦いは続く。

火力と数に勝る黒峰森に対抗するため、長期戦に持ち込みたい大洗女子。

みほは地形的に有利な山の上に陣取るため「もくもく作戦」「パラリラ作戦」を連続して展開する。

だが、それには動じず、正攻法で対抗する黒森峰。

ようやく山の上に集結した大洗女子は、攻勢をかけ最終的に2台の黒峰森戦車を倒す。

これで7対18。

みほの繰り出す作戦が効果をあげ、試合の流れは大洗女子に傾いているように見えたが……。

(出典:https://girls-und-panzer.jp/story_11.html)

みんなで一緒に

ついに始まった決勝戦。
いきなりフラッグ車を狙う黒森峰女学院でしたが、まさかの三式中戦車チヌのおかげで、攻撃をかわすことができました。

1両失うことになってしまった大洗女子学園でしたが、そこから快進撃の始まりでした。
色んな作戦を立てるみほは、「みんなで一緒に」がモットーです。

坂道を登るときは、ポルシェティーガーを他の戦車で引っ張って登ります。
重量が57tもあるポルシェティーガーは坂道ではどうしても足が遅くなってしまいます。それをみほはみんなで助け合うことで乗り切ったのです。
その後は、分厚い装甲のポルシェティーガーを先頭にすることで敵の中を突破することもできました。

さらにパワーアップしたヘッツァー仕様の38tのおちょくり作戦で、隊列を乱したり敵戦車の履帯を撃破しました。
また足周りが壊れやすい重戦車の欠点をつき、走り回ることで相手の足回りを壊したのです。

ドイツの戦車は重戦車で履帯はかなりの重量になります。
戦車自体を撃破できなくても履帯を破壊することで、重い履帯の修理には時間がかかり大洗女子学園は時間を稼ぐことができたのです。

続々登場ドイツ戦車

前回紹介した4種類の戦車以外にも黒森峰女学院にはまだまだ戦車があります。
そしてラストではとんでもない戦車がみほ達の目の前に現れました。

Ⅳ号駆逐戦車/70(V)ラング


プラッツ GP-32 1/35 ガールズ&パンツァー IV号駆逐戦車/70 (V)ラング 黒森峰女学園

長い砲塔の70(V)ラングは、70口径75mm砲が搭載されています。
さらに前面は80mm装甲で、履帯も軽量なものを使用しているためドイツ戦車の中では比較的軽量な戦車になります。

駆逐戦車ヤークトティーガー


プラッツ ガールズ&パンツァー 駆逐戦車 ヤークトティーガー 黒森峰女学園 全国大会決勝戦です 1/35スケール プラモデル GP-31

前面装甲が最大250mmもあるヤークトティガー
黒森峰女学院はのこ戦車をフラッグ車の前に置き盾として使用しています。

さらに128mm砲が搭載されていて攻撃力も持っています。
戦車の重量がが欠点ではありましたが、黒森峰女学院は利用方法を考えていました。

Ⅲ号戦車J型


ドイツ 3号戦車 J型 1/144 塗装済み完成品 German Pz.Kpfw.Ⅲ Ausf.J 1/144 Painted finished goods

中戦車のⅢ号戦車J型
開発された当初はドイツの主力戦車でしたが、50mm砲搭載の最大装甲も50mmです。

黒森峰女学院の他の戦車に比べると攻撃力も防御力も落ち、大洗女子学園の6両の戦車では突破することができるとみほは考えました。

超重戦車マウス


プラッツ ガールズ&パンツァーシリーズ マウス 黒森峰女学園ver. 1/72スケール プラモデル GP72-3

ヒトラーの思いが詰まった超重戦車マウス
重量188トンの世界最大規模のマウスは、128mm砲を搭載し砲塔前面装甲は最大240mmの厚さになります。

攻撃力もさることながら防御力を重要視されて製造されたマウス。
大洗女子学園の戦車7両で攻撃しても全く歯が立ちませんでした。

まとめ

王者黒森峰女学院に対して互角の戦いをみせる大洗女子学園。
しかしドイツ戦車の破壊力は強く、8両あった戦車もすでに5両になってしまいました。

まだ16両も残っている黒森峰女学院に対してみほはどんな作戦を考えるのでしょうか?

次回いよいよ最終話です。
みほ達の戦車道全国大会の結果で大洗女子学園の運命が決まってしまいます!