アニメ『ガールズ&パンツァー』第6話「一回戦、白熱してます!」シャーマン軍団の猛攻


先に敵の戦車を撃破した大洗女子学園、しかし敵も反撃に出てきます。挟まれてしまった大洗女子学園の戦車道チームは敵のファイアフライの攻撃から逃げ切ることができるのでしょうか?第6話ではシャーマン軍団の猛攻を見ることができます。

『ガールズ&パンツァー』第6話「一回戦、白熱してます!」


ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX (特装限定版)

サンダース大付属との死闘は続く。

相手のフラッグ車を撃破したほうがこの試合を制する。
その時、みほが考えた作戦とは……。

大洗女子の無線を傍受していたサンダース大附属のアリサは、大洗女子チームが高台に集結することを知る。

だがケイたちが到着した時、そこには大洗女子の戦車はなかった。
無線傍受を逆手に取った作戦だったのだ。

そしてその直後、アリサの乗ったフラッグ車とバレー部チームが接触をしてしまう。

(出典:https://girls-und-panzer.jp/story_06.html)

逃げるM4A1シャーマン

無線傍受を逆手に取られて大洗女子学園の戦車全両に追いかけられることになってしまったフラッグ車のM4A1シャーマン。

ここから壮絶な鬼ごっこが始まりました。

アメリカで5万両も生産されたシャーマン。
数でドイツ軍のティーガーと戦おうとしたわけですから、かなり大量生産されたのです。
第二次世界大戦で活躍したシャーマンは「偉大なる凡作」と言われているように、これといった特徴はなかったのですが、逆にこれといった弱点もなかったのです。
そのため壊れいにくく、長期に渡って活躍できる戦車でした。

それは物語の中でアリサも言っているような「タフなシャーマン」で「丈夫で壊れにくい」戦車がシャーマンなのです。

しかしそのシャーマンも戦車5両に追いかけられると、さすがにピンチになります。
少しずつみほの乗るⅣ号戦車D型との距離も縮まってきたのでした。

ファイアフライの威力

窮地に追い込まれたフラッグ車のM4A1シャーマンを救ったのが、シャーマン・ファイアフライです。

その威力には大洗女子学園のメンバーも驚くほどです。
ティーガーを撃破できるほどの攻撃力を持ったファイアフライですから、大洗女子学園の使用する戦車にとってはかなりの脅威となります。

第二次世界大戦中は17ポンド砲から放たれる砲弾の威力はかなりの脅威で、ドイツ軍ではファイアフライから優先的に攻撃するように司令されていたほどです。

そのファイアフライに後ろから攻撃される形になってしまった大洗女子学園。
M3中戦車リーと八九式中戦車甲型戦車はファイアフライの標的になってしまいました。

みほの偽の作戦は「5両全手の戦車でファイアフライを高いところから叩く」という作戦でした。
これを傍受していたアリサが信じてしまうほど、あり得る作戦だったのです。

後ろからファイアフライに攻撃される形になってしまった大洗女子学園は、ファイアフライに攻撃される前に敵のフラッグ車を撃破する作戦しか残っていませんでした。

稜線射撃

敵のフラッグ車を撃破するためにみほのとった手段。
それは稜線射撃でした。

稜線射撃とは丘の頂上から砲塔だけを出して敵を攻撃する戦法のことです。
砲塔だけが丘から出ているので、敵から隠れて攻撃でき上から見下ろす形での攻撃なので有効な作戦ですが危険も伴います

停車している時間が長くなると、簡単に敵の標的になってしまいます。
今回は逃げながらの攻撃なので、さらにリスクを伴う作戦でした。

後ろからはファイアフライに攻撃されるので、ファイアフライが撃ってくる前に撃破しなくてはいけない1回きりの作戦でした。

しかしこの作戦が成功しみほたちは無事に1回戦を突破することができたのでした。

まとめ

シャーマン軍団の猛攻を見ることができたサンダース大付属高校との戦い。
特にファイアフライの威力のすごさを実感することができました。

それでもサンダース大付属高校に勝利することができた大洗女子学園。
みほのたてた作戦の素晴らしさを知ることができるエピソードでした。