映画『007 美しき獲物たち』感想と解説 ロジャー・ムーア最後のボンド そしてあの人も


『007』シリーズ通算14作品目となる『007 美しき獲物たち』。この作品を最後にロジャー・ムーアはジェームズ・ボンド役を降りてしまいます。そして第1作品目から登場し続けていたマネー・ペニーもラストとなってしまいました。

『007 美しき獲物たち』作品情報

タイトル 007 美しき獲物たち(A View to a Kill)
監督 ジョン・グレン
公開 1985年7月6日
製作国 イギリス/アメリカ
時間 2時間11分

Rotten Tomatoes

『007 美しき獲物たち』あらすじ


美しき獲物たち [Blu-ray]

シリコン・バレー壊滅を図る、天才的な大富豪マックス・ゾリン。

たった一つのマイクロ・チップから、ボンドは彼の野望に気付く。

だがゾリンの身辺を探るボンドの前に、恐るべき腕をもった女殺し屋が現れた……。

(出典:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14187)


最後づくしの『007 美しき獲物たち』

出典:IMDb

3代目ジェームズ・ボンドを7作品演じてきたロジャー・ムーア。
彼のボンド姿はこの作品で最後となってしまいます。

ユーモアと派手なアクション満載だったロジャー・ムーアのジェームズ・ボンド。
この作品も彼のラストを飾るにふさわしく、スキーのオープニングでスタートします。
ロージャー・ムーアのボンドは、スキーをしているシーンが多かったイメージがあります。
この作品ではまだ当時珍しかった、スノーボードも披露しています。

雪・海・そして宇宙まで行ったムーア版ジェームズ・ボンド。
最後は橋の上での戦いでフィナーレを飾りました。

そしてこの作品ではロジャー・ムーア以外にもう1人最後となる人がいます。
それはマネー・ペニーを演じたロイス・マクスウェルです。

第1作品から『007』シリーズでマネー・ペニーを演じてきた彼女。
最初の頃はオフィッス内での登場だけでしたが、途中から外にも出るようになりました。
そして何よりもボンドを1番理解していたのも彼女でしょう。

女好きのボンドも彼女だけは大切にしていたように感じます。
Mの部屋に入る前のボンドとマネー・ペニーのやりとり。
『007』シリーズの楽しみの1つでもありました。

ボンドの結婚式で彼女が涙を流していたシーンを忘れることができません。
ボンドのことを本当に愛していのはマネー・ペニーだけだったのかもしれません。

ボンドだけでなくマネー・ペニーもラストの『007 美しき獲物たち』。
一時代を築いた作品の集大成ともいえる映画です。

Qのスパイグッズ

出典:IMDb

今作品ではいつもよりもたくさんQのスパイグッズが登場します。
大掛かりなものは最初に登場した氷山型の乗り物くらいで、あとは小型のスパイグッズばかりで楽しくなってしまいます。

・髭剃り型の盗聴器を探す機械
・ガラス越しでも見えるサングラス
・小切手の印字を暴くカードケース
・カメラになっている指輪
・窓の鍵を蹴るカード

ボンドが持っていたスパイグッズはどれも、小型でかなり高性能なものばかりでした。

そして暴徒でラジコンのようなスパイロボットをQが操作していましたが、そのスパイロボットはラストにも登場します。
いなくなったボンドをスパイロボットを使って探していたQ。
ボンドは家の中で女性とシャワーを浴びていました。

大掛かりなスパイグッズも迫力ありますが、小型のスパイグッズはワクワクしてしまいます。
最初の頃に戻ったようなスパイグッズがたくさん登場したのが、『007 美しき獲物たち』でもありました。

ボンドガール

出典:IMDb

今作でボンドガールのステイシー・サットンを演じたのはアメリカ人女優のタニア・ロバーツでした。

彼女はボンドガールを演じる前は、テレビ版チャーリーズ・エンジェルでエンジェルの1人を演じていました。

しかし今作では彼女よりも印象に残るキャラクターは多かったため、あまり彼女の印象は強くないかもしれません。
女性キャストでいえば敵のゾリンの愛人メイ・デイを演じていたジャマイカ出身のグレイス・ジョーンズの方が印象が強く残っています。
ステロイドを注入されて怪力になった彼女でしたが、最後はゾリンに裏切られてしまいます。
そしてシリコンバレーを守るために、最後は自分の命を捨てました。
そんな切ないラスト迎えたメイ・デイの方がどうしても印象に残っています。

さらに悪役のゾリンを演じたのはクリストファー・ウォーケンです。
若い頃のクリストファー・ウォーケンを見ることができる作品でもあります。

ボンドガール以外に印象深いキャラクターがたくさんいたのも、『007 美しき獲物たち』の特徴の1つかもしれません。

まとめ

ジェームズ・ボンドを演じていたロジャー・ムーア。

マネー・ペニーを演じていたロイス・マクスウェル。

長年『007』シリーズに貢献してきた俳優たちが最後の出演となったのが、『007 美しき獲物たち』でこれまでの集大成とも言える作品です。

次回からまた新たなボンドが誕生しますが、ひとまずこれでロジャー・ムーアの笑いどころ満載のボンドとはお別れです。