ドラマ『ハンニバル』シーズン1第8話「Fromage 」あらすじとネタバレ


レクター博士は自分に執着する患者や、自分と同類の人間との出会いを通して友人を見つけます。嬉しそうにセラピーでその話をするレクター博士。彼にとっての友人とはウィルだったのです。

シーズン1第8話「Fromage 」


HANNIBAL/ハンニバル コンパクト DVD-BOX シーズン1

トロンボーン奏者の惨殺死体が舞台上で発見される。

犯人は喉を切り裂き、声帯を露わに。

そしてチェロのネック部分を口から突き刺し、“人間チェロ”に仕立てていた。

ウィルは、犯人が自分なりの音を創りだそうとしたと見立てる。

(出典:https://www.axn.co.jp/programs/hannibal/episode-guide)

レクター博士の周りに現れた人たち

出典:IMDb

レクター博士の周囲が慌ただしくなります。
彼の患者のフランクリンは彼と友達になりたくて、レクター博士に執着するようになってしまいます。
レクター博士に気に入られようと必死になります。

なかなか心を開かないレクター博士に対して今度は同じ立場になろうとして、精神分析を始めました。
相手は友人のトバイアスでした。
彼の言動がおかしいと言い出すフランクリン。
なんとその分析は当たっていたのでした。

しかしそれはまたトバイアスの作戦でもあったのです。
レクター博士が自分と同じことをしていると知ったトバイアスは、フランクリンが博士に自分の話をすると知っていたのでした。

同じ立場にあるレクター博士とトバイアス。
見えない場所で密かに戦いが始まっていました。

レクター博士とウィルの関係

出典:IMDb

トバイアスの登場で彼はレクター博士は友人を見つけます。
それはトバイアスではなく、ウィルのことだったのです。

切り裂き魔として犯罪を重ねるレクター博士。
ウィルは特殊能力を使って犯罪者の視点になることができます。
それがレクター博士にとっては、ウィルが自分の視点になってくれると思ったのでした。

セラピーで嬉しそうに話をするレクター博士。
ウィルに対しての感情がさらに高まっているようでした。

一方、ウィルは幻聴に悩まされていました。
それを忘れるためにアラーナとキスしてしまうウィル。
ウィルはアラーナとの関係を進めようと思っていましたが、アラーナの方がそれをストップさせたのでした。
患者としてウィルに接してしまうことを恐れたからでした。

果たしてウィルの本当の気持ちはどうなのでしょうか?
幻聴をごまかすためだったのか、それとも本当にアラーナのことが好きなのでしょうか?

そしてもう1つ気になるのがレクター博士にセラピーを行なっている女性医師です。
果たして彼女じゃ現実に存在する人物なのでしょうか?

彼女とレクター博士の会話を聞いているとどこまでが現実で、どこからが妄想なのかわからなくなってしまいそうです。

 

スポンサーリンク