ドラマ『コンフィデンスマンJP』第10話「コンフィデンスマン編」あらすじとネタバレ


いよいよ最終回の『コンフィデンスマンJP』。ダー子・ボクちゃん・リチャードの3人の正体がついにバレてしまいます。チャイニーズマフィアに見つかってしまったダー子たち3人。この絶体絶命の危機をダー子たちは無事に乗り切れるのでしょうか?

第10話「コンフィデンスマン編

ボクちゃんは、ダー子とリチャードに、もう十分稼いだのだから詐欺師稼業から足を洗うべきだと忠告し、ふたりのもとを離れる。

それから1年後、引っ越し業の仕事に就いていたボクちゃんは、鉢巻秀男と親しくなる。

6ヵ月前、結婚相談所に登録した鉢巻は、紹介された早苗という女性と意気投合し、結婚の約束をした。

だが早苗は、両親の借金を理由に結婚できなくなったと言い出したらしい。

鉢巻は、迷わず全財産の3000万円を早苗に貸したが、その直後から彼女と連絡が取れなくなり、結婚相談所もなくなっていたのだという。

鉢巻が描いた早苗と結婚相談所の所長の似顔絵を見たボクちゃんは、それがダー子とリチャードであると確信する。

ボクちゃんは、鉢巻を引き連れてダー子のスイートルームを訪れ、真相を確かめようとする。すると、鉢巻の態度が急変し……。

(出典:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/story/story10.html)

 

最後までハラハラ?やっぱりダー子だった!

ボクちゃんがまんまと騙されて、チャイニーズマフィアに部屋に乗り込まれてしまったダー子。
マフィアは自分の父親を騙した「子犬」を探しています。

3人の本名や家族まで調べ上げているマフィア。
ダー子たちからお金を奪い、3人の命まで奪おうとしています。

この絶体絶命の危機をどう乗り切るのかと思っていますが、そのまま話は進み3人の命まで奪われてしまいました。

「どうなってしまったの?」と思っていると、全てはダー子が仕組んだことだったのです。
「ダー子が仕込んでいるんでしょう?」と思いながらも、そんな様子はなく物語は進みます。

「これは真実なのか」と誰もが思ってしまったラストで、全てのネタがわかります。
やっぱりダー子だったのです。
いつもと違いギリギリまでネタが分からないのでドキドキしますが、最後に全てが解決してスッキリできます。

そしていつもダー子の部屋にいるバトラー。
なんとダー子との出会いは、この事件の時だったでのす。

予想していなかったラストに驚かされる最終回になっていました。

第10話のゲスト

第10話で鉢巻秀雄でありチャイニーズマフィアの孫秀雄を演じたのは佐藤隆太でした。
父の復讐のためにダー子たちに近づき全てを奪ったつもりでしたが、最初からダー子の罠にハマっていたのでした。

ダー子たちを調べ上げたつもりが、それも全てダー子の用意した子猫ちゃんたちでした。
お金と3人の命を奪ったと思っていましたが、それが全て嘘だったとリムジンの中で気がついたのです。

秀雄が嘘だったと気がつくきっかけになったのがリムジンの中で見ていたビデオ「名探偵 海老河原の冒険」でした。
ビデオの中の犯人の名前が本名だと思っていたダー子・ボクちゃん・リチャードの名前だったのです。

ダー子が大好きなドラマ「名探偵 海老河原の冒険」。
海老河原を演じていたのは袴田吉彦でした。

ダー子達との絡みはありませんでしたが、存在感を残す登場となっていました。

まとめ

ダー子演じる長澤まさみの変身が楽しみになってしまった『コンフィデンスマンJP』。

どこまでがネタでどこからが真実なのか、ボクちゃん同様騙されてしまいます。

信用詐欺師のダー子ですが、ターゲットはお金と権力にものわ言わせている人ばかりです。

ダー子は詐欺師だけど弱者の味方でもあったのです。

これでダー子を見れなくなってしまうのは寂しいけど、映画にスペシャルにとまだまだダー子たち3人の活躍は続きそうです。

次はどんなダー子に会えるのか?

3人が私たちの前に戻ってくる日を楽しみに待っています。


コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX

 

スポンサーリンク