ドラマ『コンフィデンスマンJP』第9話「スポーツ編」あらすじとネタバレ


今回ダー子のターゲットになるのは様々なスポーツチームを買収し続ける桂公彦。彼に架空のバスケットチームを売りつけて釣る予定だったダー子でしたが、チームのメンバーが本気になってしまいます。ダー子は桂公彦からお金を巻き上げることができるのでしょうか?

 

第9話「スポーツ編」

新たな詐欺のターゲットとして、若くして億万長者となったIT企業の社長・桂公彦に狙いを定める。

桂は、人気アプリ『モスモス』を開発した株式会社モスモスの代表。

大のスポーツ好きでもある桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収してきたが、クラブを私物化し、横暴ともいえる現場介入を繰り返してチームを崩壊させては放り出していた。

五十嵐によれば、どうやら桂はプロバスケットボールチームを狙っているらしい。

そこでダー子は、ホームレス同様の生活を送っていた元日本代表候補の半原敦や、街中で見つけた外国人らを巻き込み、架空のバスケチーム『熱海チーターズ』を結成するが……。

(出典:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/story/story09.html)

 

いつものダー子とは違う?

架空のバスケチームを作り、桂公彦にオーナーになってもらうことに成功したダー子。
さらに3年契約をしてもらうために、偽のバスケチームは試合を続けることになりました。

桂公彦の狙いに気がついたダー子。
彼は節税対策のために弱小チームを求めていたのです。
そのためにダー子はチームのみんなに負け続けることを指示します。

しかしボクちゃんはじめいつしかチームのメンバーは1勝したいと本気で思い始めたのです。
みんなで集まり練習をするメンバー達。
監督役のリチャードさえも彼らに勝たせたいと思っていました。

ダー子の指示を聞かずに本気になってしまったメンバー達。
案の定、桂は彼らをクビにしようとします。
みんなのせいで計画がパーになってしまったと思うダー子でしたが、みんなの熱い気持ちを聞いたダー子にも変化が起きていたのでした。

いつもは確実に計画通りに進めるダー子でしたが、今回ばかりはダー子も準備していなかったようです。

それでも桂の本当の気持ちに気がついたダー子は、桂にスポーツの素晴らしさを教えたのでした。
さらにダー子もチームを本気で応援したのでした。

第9回のゲスト

スポーツを憎む桂公彦を演じたのは小池徹平でした。
いつもの爽やかで好青年のイメージではなく、嫌な若手IT社長を演じていました。

幼い頃の思い出からスポーツを憎み、お金儲けのためではなく復讐のためにスポーツチームを買収し続けていた桂公彦でした。

しかし心の奥底にはスポーツが大好きという気持ちがあったのです。
ダー子にそも気持ちを指摘された桂。

熱海チーターズのオーナーとなり、チームをプロリーグに参加するまでに成長させたのでした。

今回バスケの前にダー子が目をつけたのが卓球でした。
その計画は失敗してしまいますが、卓球のシーンでは本物の卓球選手が登場していました。

https://twitter.com/confidencemanJP/status/1003236962478710784

それは平野美宇選手でした。

ダー子とボクちゃんと試合をするシーンもありました。

 

さて次回はいよいよ最終回。
ラストはどんなダー子を見ることができるのでしょうか?
ダー子の活躍に期待しちゃいます。


フジテレビ系ドラマ「コンフィデンスマンJP」オリジナルサウンドトラック

 

スポンサーリンク