映画『007 私を愛したスパイ』あらすじと解説 MI6とKGBが手を組んだ?


『007』シリーズ10作品目となる『007 私を愛したスパイ』。MI6とKGBが一緒に捜査に当たることに。スパイ映画だからこそできた内容。任務中にボンドはKGBのスパイに惹かれますが、彼女の彼氏を殺したのはボンドでした。

 

『007 私を愛したスパイ』作品情報

タイトル 007 私を愛したスパイ(The Spy Who Loved Me)
監督 ルイス・ギルバート
公開 1977年12月24日
製作国 イギリス/アメリカ
時間 2時間05分

Rotten Tomatoes

『007 私を愛したスパイ』あらすじ


私を愛したスパイ [Blu-ray]

英ソの原潜が行方不明になるという事件が発生、にわかに東西の緊張が高まる。

事態を憂慮した英国情報部は、真相究明をボンドに命じた。

一方同じ頃、ソ連でも自国の原子力潜水艦が消えたとの情報が入り、KGBの女スパイ、アニヤがその捜索にあたる。

そして2人は、それぞれ手掛かりを追う中で出会い、共同で捜査に奔走。

するとやがて、地中海の海底に基地を持つ海運業のストロンバーグが潜水艦を悪用した世界征服を狙っているのでは、という疑惑が浮上する。

はたして、ストロンバーグの巨大タンカー内に消息を絶っていた英ソの潜水艦を発見し、ボンドは同じく調査にあたっていた米海軍と共に潜水艦の奪還に挑むが…。

(出典:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14183)

新しいボンドカー登場?


コーギー CGCC04513 1/36 ロータス エスプリ 007 “私を愛したスパイ” ミニカー(ZM50263)

今回のミッション用にQが用意した車はロータス・エスプリでした。
たくさんの仕掛けがあります。

追いかけて車に対してナンバープレートが開き、そこか後ろの車のフロントガラスめがけてセメントを発射します。

1番驚かされたのがヘリコプターに追跡された際、そのまま海にダイブしてしまいますがロータス・エスプリは潜水可能の車だったのです。
タイヤが引っ込み潜水艇に変身したロータス・エスプリはそのまま潜水を開始します。

ヘリコプターの真下に来たときに、ヘリコプターめがけてミサイルを発射し攻撃します。
ミサイルが装備されていて水中でも攻撃可能になっていました。

水中から地上に上がることももちろん可能です。
海の中から突然あらあれた車に、ビーチにいた人たちはみんな驚いていました。

スパイグッズ

出典:IMDb

今回もQのスパイグッズは健在です。
冒頭でMから指令を受けたボンド。
彼は遠い場所にいたのですが、その指令が腕時計からテープになって出てくるようになっていました。

指令を受けてスキー場を後にするボンドでしたが、敵に襲われてしまいます。
そのときスキーのストックが銃になり、敵を倒します。

さらに大掛かりなものとして登場したのが水上バイクです。
このバイクでボンドは敵のいる場所へ乗り込んで行ったのでした。

今回登場したスパイグッズは以上でしたが、Qはいろんな研究を行っています。
あっと驚くグッズもあってこの先がますます楽しみです。

敵の大男

出典:IMDb

ジェームズ・ボンドの敵といえば、大男が多いです。
しかもかなりの強敵です。

今回もそんな大男が登場します。
さらに今回の敵は歯が鉄になっていました。
鎖も簡単に噛み切ってしまう男ジョーズ。
しかも何度倒しても死なずに、不死身なのです。

なかなかジョーズを倒せないボンド。
磁石で彼を釣り上げサメのプールに落としますが、なんとサメさえもジョーズは食いちぎっていました。

今までのボンドが戦った男達の中で最強と言えるかもしれないのがジョーズでした。

ボンドガール

出典:IMDb

KGBのスパイでありボンドい恋人を殺されたアニヤを演じたのは、バーバラ・バックでした。
元ビートルズのリンゴ・スターの奥さんでもあります。

アニヤは任務のためにボンドと一緒に動きますが、ボンドが彼氏を殺した人物とわかると「任務が終わったらあなたを殺す」と言い放ちます。

急にボンドに冷たくなったアニヤでしたが、敵に捕まったところをボンドに助けられると殺意は消えていました。

それどころかボンドといい雰囲気になるアニヤ。
いつものようにボンドはKGBのスパイでさえものにしてしまうのでした。

まとめ

スキー場、水中、潜水艦とかなり大掛かりな作品になっていた『007 私を愛したスパイ』。

シリーズ10作品目ということで、力を入れて作られたのが分かります。

物語もMI6とKGBの協力という内容で、さらにQのスパイグッズも派手なものが多かったです。

製作費をかけただけあって興行的にも成功し大ヒットとなった『007 私を愛したスパイ』。

ワクワクするシーンがたくさんあり、最後まで飽きない内容になっていました。

 

スポンサーリンク