ドラマ『ハンニバル』シーズン1第3話「Potage」あらすじとネタバレ


意識がなかったアビゲイルの意識が戻ります。事件の真相を突き止めるためにアビゲイルを家に連れて行きますが、そこでさらに事件が起こります。さらにレクター博士が少しづつ動き出したのでした。

シーズン1第3話「Potage」


HANNIBAL/ハンニバル コンパクト DVD-BOX シーズン1

連続殺人鬼である父親に切りつけられ、瀕死の重傷を負ったアビゲイル。

レクターは、昏睡状態から目を覚ました彼女を回復させるという名目で、ジャックにある提案をする。

それは、彼女を犯行現場である自宅へと連れて行くというものだった…。

(出典:https://www.axn.co.jp/programs/hannibal/episode-guide)

目覚めたアビゲイル

出典:IMDb

父親に首を切られて意識不明状態にあったアビゲイルがついに目覚めます
そのことを知ったウィルはアビゲイルの元に向かおうとしますが、アラーナはそれを止めます。
彼女と面識がない人物が話をした方がいいと考えていたからでした。

しかしジャックは事件の真相を突き止めるためにウィルとアブゲイルがあった方がいいと考えていました。
レクター博士の付き添いもあり、ウィルはアビゲイルと話をします。
さらに彼女の希望もあり、彼女を家に連れて帰ることにしたのでした。

家に戻り事件現場を見たアビゲイルでしたが、落ち着いた様子でいました。
友達のマリッサが会いにきますが、周囲はアビゲイルが共犯の可能性があるとして彼女と会うことを反対していました。
マリッサはアビゲイルを信じて会いにきてくれていたのでした。

しかし結局マリッサは納屋で殺されてしまいました。
しかもその犯人は模倣犯です。

アビゲイルが目覚めたことでまた事件が動き出したのでした。

不気味なレクター博士

出典:IMDb

アビゲイルが目覚めたことでレクター博士が動き出します。
しかしレクター博士が模倣犯であるという証拠はありませんが、ウィルは「電話をかけた人物が模倣犯だ」と確証を持っていました。

その言葉を聞いた時のレクター博士はかなり不気味な顔をしていました。

アビゲイルの家で模倣犯の事件の被害者の兄がやってきた時におかしな行動を取ります。
マリッサが投げた石が兄の額にあたり兄は逃げて行きます。
兄を追いかけたレクター博士とウィルでしたが、レクター博士は血のついた石を隠してしまいます。

その後マリッサの死体が見つかります。
果たしてこれはレクター博士がやったことなのでしょうか?
もしそうだとするとかなり素早い行動になります。

そしてその後、家に忍び込みアビゲイルを襲った被害者の兄。
アビゲイルは正当防衛で彼を刺しますが、兄の体にはひどく刺されたあとが残っていました。

アビゲイルは正当防衛だといいますが、レクター博士は傷跡を見ると正当防衛とは信じてもらえないと言います。

レクター博士は死体を隠すことをアビゲイルに提案したのでした。

レクター博士とアビゲイルはそれぞれの秘密を守る約束をします。
これは明らかにレクター博士が誘導したものですが。

この先事件はどんな方向に進んでいくのか気になります。