ドラマ『コンフィデンスマンJP』第8話「美のカリスマ編」あらすじとネタバレ


今回のターゲットは美のカリスマ美濃部ミカ。美を追求し続け「ミカブランド」の代表を務める彼女ですが、世間の評判とは違いスタッフにはひどい態度をとっていたのでした。ダー子たちはそんな美濃部ミカを釣ろうとするのですが。。。

 

第8話「美のカリスマ編」

ダー子とボクちゃんは、リチャードからの頼みを引き受け、元モデルで女医の美濃部ミカをターゲットにする。

以前リチャードは、福田ほのかが経営しているメンズエステ店に通っていた。

だが、店を畳んでミカの会社に転職したほのかは、ミカから酷いパワハラを受け続けたことが原因で心身ともに病み、退職に追い込まれてしまったのだ。

ほのかは、弁護士を名乗っていたリチャードに、ミカの暴言を録音したボイスレコーダーを託し、謝罪と慰謝料を求めていた。

リチャードは、ダー子のデリカシーのない発言に憤慨し、ボクちゃんとふたりだけでミカを騙そうとした。

しかしミカは、ボクちゃんが考えた作戦には興味を示さなかった。

そこでダー子は、フランスの老舗高級ブランドのお家騒動を利用してミカに近づこうとするが……。

(出典:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/story/story08.html)

第8回のゲスト

美のカリスマ美濃部ミカを演じたのはりょうです。
美の追求に人生をかけた女性を演じています。

ダー子は彼女に偽の化粧品を売りつけて彼女を騙そうと考えていましたが、彼女の本質に気がつき作戦を変更します。

ダー子は美濃部ミカは女性の義務と生きていく覚悟を持っているのだと気がつきました
女性は生まれた時から美しくあるべきであるという義務を持って生まれてきている。
残念ながら今の世の中はそれから逃れることができない。
美濃部ミカはそんな世の中で生き抜くことを決めているとダー子は考えていたのでした。

作戦を変更したダー子は山形県の田舎で化粧水を作っている女性になりすまし、美濃部ミカに近づきます。

ダー子の作戦に引っかかり美濃部ミカは山形までやってきましたが、まさかの展開が待っていたのでした。

まさかの作戦失敗??

美濃部ミカをうまく山形までやってこさせたダー子。
ダー子扮する秀子は1人で「弁天水」という化粧水を作っています。
最初は彼女から化粧水を買おうとしていたミカでしたが、秀子が命がけで化粧水を作っていることをしり、なんと秀子をコンテストに参加させたのでした。

さすがのダー子もこれには驚きましたが、コンテストではノリノリで優勝してしまいます。

コンテスト後ダー子はミカになでそんなに人を美しくしたいのか聞きます。
するとミカは自分の母親の話を始めたのでした。

顔に傷を負った母親の孤独を見て育ったミカ。
彼女は母親のような人を助けるために、全ての女性を美しくすることが夢だったのです。

その話を聞き3人は感動を覚えていました。
それでもミカに化粧水を売ろうと考えていましたが、ほのかがミカのネタを週刊誌に売ってしまったことでミカは会社を辞めてしまったのでした。

化粧水の売り先がなくなってしまったダー子たち。
今回の作戦は失敗してしまったのでした。

しかしいつかミカが美のカリスマとして復活すること待つことにしたのでした。

ここで物語は終わりますが、実は過去のエピソードで秀子の化粧水「弁天水」が登場していたのです!!
それは第2話の「リゾート王編」でした。
ということはミカは美のカリスマに復帰し、秀子から弁天水を買ったのでしょう。
なので、きっとダー子たちは今回は儲けは0でしたが、この先いつか化粧水を売って儲けたはずです。