アニメ『ルパン三世』(1971年)第12話「誰が最後に笑ったか」あらすじとネタバレ


珍しくルパンが不二子を騙して捕まえます。長老の持つ姉妹像を手に入れようようとするルパン。さらにそれを狙う別の組織。果たして最後に笑うのは誰でしょうか?

 

第12話「誰が最後に笑ったか」


ルパン三世 THE 1st SERIES ANTHOLOGY -MUSIC by TAKEO YAMASHITA BGMコレクション

雪深い北の村を舞台に、黄金の姉妹像をめぐる争奪戦が始まった。

銃弾、爆弾が飛び交う激戦を出し抜き、最後に笑うのはルパンか、不二子か、果たして誰なのか!?

(出典:https://video.unext.jp/title/SID0012466)

ルパンの作戦


【全3種セット】ルパン三世 DX組立式スタイリッシュフィギュア〜1st.Tvver.3【非売品/入手困難品/絶版品/ルパン三世/フィギュア】

いつもなら不二子に騙されるルパンが今回は不二子を騙します。
今までのルパンには想像しがたい感じですが、黄金の姉妹像の1つを持ち帰った不二子に近づき、あっさりと捕まえてしまいます。

さすがの不二子もこれには「騙したのね!」と怒っていました。
いつもルパンを騙している不二子でしたが、騙されるのは嫌なようですね。

姉妹像の残りを持つ長老の元へ行き像を買い取ろうとします。
ルパンは像を盗むのではなく、長老のいう通りにお金で買おうとしていたのです。
これもいつものルパンにはない姿です。

長老に持っているお金を渡しますが、どんどん値段を上げる長老に身ぐるみを剥がされてしまいました。

長老は他の組織に協力していたのですが、結局像もお金も組織に持って行かれそうになってしまいます。

組織によって痛い目にあわされたルパンは、組織と全面対決をすることを決めました。

最後に笑ったのは??


一番くじDXルパン三世1st. B賞 不二子&モデルバイク

ルパンと組織が戦っている間に、不二子はその場を逃げ出します。
像は組織が持って行ってしまいますが、不二子の欲しかったものは金山の地図でした。
不二子はその地図を抜き取っていたのです。

ルパンに「持つべきものはパートナー」と言いながら、地図を持っていく不二子。
最後に笑ったのは不二子だったんだと思いますが、実が違ったのです。

不二子の持っていた地図は偽物だったのです。
長老が像に仕込んでいた地図は偽物で、本物は長老が持っていました。
しかもルパンと取引した際のお金も手元に残っています。

本当に最後に笑ったのは長老だったのでした!!

 

スポンサーリンク