映画『少林サッカー』あらすじとネタバレ カンフーとサッカーが合体した愛すべき映画


香港の歴代の映画記録を塗り替え日本でも大ヒットした『少林サッカー』。馬鹿げているけどなぜだか感動してしまう映画です。カンフー好き、ブルース・リー好きそしてもちろんサッカー好きには心底楽しめる映画になっています。

 

『少林サッカー』作品情報

タイトル 少林サッカー(少林足球)
監督 チャウ・シンチー
公開 2002年6月1日
製作国 香港
時間 1時間53分

Rotten Tomatoes

『少林サッカー』あらすじ


少林サッカー [Blu-ray]

“黄金の右”と呼ばれるサッカー選手ファンは、チームメイトのハンが持ちかけた八百長試合に荷担したことがきっかけで、自慢の脚を折られてしまった。

夢半ばで諦めざるを得なかったファン。

それから20年、ファンは、いまやサッカー界の首領として君臨するハンの雑用係にまで落ちぶれていた。

そんなある日、ファンは街で不思議な青年シンと出会う。

少林拳を信奉する彼は、くず拾いをしながら道行く人に少林拳を説いて回っていた。

ファンはふとしたことからシンの超人的な脚力を見抜き、自らがなし得なかった夢をシンに託すべく、彼にサッカーを教え込むのだった。

(出典:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=237373)

カンフーとサッカーの融合

出典:IMDb

『少林サッカー』そのタイトル通りサッカーと少林拳を融合させた映画です。
少林拳を広めたい青年が、サッカーで少林拳を広めようとして元サッカー選手にサッカーを教わります。

仲間は少林拳を一緒に学んだ弟子達。
学んだ少林拳は全く役に立たず、社会に馴染めていない弟子達。
そんな彼らを集めてサッカーの大会で1位を目指すのです。

人生の底辺にいる人たちが集まってサッカーで頂点を目指す。
どこにでもあるスポ根映画のようですが、『少林サッカー』は全く違います。

サッカーというよりも試合運びはカンフーです。
少林拳の使い手達の集まりですから、彼らが力を出せば負けるはずがないのです。

そのサッカーとカンフーの融合をCGを駆使して『マトリックス』のようなシーンを作り上げているのが、チャウ・シンチー監督です。

彼はこの映画で一躍有名監督となりました。
香港映画の興行記録を塗り替えるほどの大ヒットになりました。

試合中に見せる彼らの技の数々。
その映像のすごさには驚かされてしまいます。
バカバカしいとわかっていながらも、技術を駆使したカンフーシーンにどんどん惹きつけられてしまうのが『少林サッカー』の面白さです。

ブルース・リー役の原点

出典:IMDb

ゴールキーパーを演じているのはチャン・クォックァン
ブルース・リーのコスチュームに身をまとい、試合中に見せる仕草はブルース・リーそのものです。

ブルース・リーが大好きなチャン・クォックァン。
幼い頃からブルース・リーに憧れ、真似していた少年時代を過ごしています。

チャウ・シンチー監督にスカウトされ彼の事務所にいたチャン・クォックァンは、ゴールキーパー役に大抜擢されました。

これがのちのブルース・リー役の原点になります。
『少林サッカー』でブルース・リーのモノマネを披露した彼は、その後中国のドラマ『ブルース・リー伝説』でブルース・リーの役を演じ人気俳優となりました。

そしてハリウッドでも公開された『イップ・マン 』シリーズの3作品目『イップ・マン 継承』で、ブルース・リー役を演じています。

ブルース・リー俳優チャン・クォックワンの原点が『少林サッカー』で見ることができます。

まとめ

香港でも日本でも大ヒットした『少林サッカー』。

コメディーという要素を振り切りバカバカしさもあるものの、なぜだか『少林サッカー』の物語に引き込まれてしまいます。

それはみんなが大好きなスポ根ものに、カンフーが加わりそして当時のCGの最先端技術も加わった作品だからかもしれません。

大好きなものが一堂に集まった作品それが『少林サッカー』です。

 

スポンサーリンク