アニメ『ルパン三世』(1971年)第11話「7番目の橋が落ちるとき」あらすじとネタバレ


ルパンの名を語り犯罪を起こしている男。ルパンはその男の正体を突き止めようとしますが、罠にはまってしまいました。しかも次元まで。果たしてルパンはこの絶体絶命の状況から伊芸出せるのでしょうか?


 

第11話「7番目の橋が落ちるとき」


ルパン三世 THE 1st SERIES ANTHOLOGY – MUSIC by TAKEO YAMASHITA

ルパンの名をかたり、現金輸送車襲撃の布石と思われる架橋爆破事件が連続した。

真犯人を突き止めたルパンだが、逆に罠にはまり、最後の現金輸送車襲撃を強いられるが…

(出典:https://video.unext.jp/title/SID0012466)

ルパンの流儀


新品!ルパン三世DX組立式スタイリッシュフィギュア 1st.TVver.2 ルパン三世

ルパンといえば泥棒だけど関係ない人を傷つけないのがルパンの流儀。
今回ルパンの名を語っている偽ルパンは橋を爆発する旅に、死傷者を出していました。

もちろんルパンはそんな荒っぽい真似はしません。
ルパンは誰が自分の名前を使っているのか確かめるために、男を追いかけます。

しかしそれは男の罠だったのです。
まんまと男の罠にはまり捕まってしまったルパン。

偽ルパンはルパンに協力するように命令します。
ルパンが断ろうとすると、男は人質にしている女性の命を奪おうとします。

それを見たルパンは断ることができずに、男に協力することになってしまいます。

女性を守るのもルパンの流儀の1つなのです。

女性に優しいルパン


一番くじDXルパン三世1st. G賞 手錠&フィギュアストラップ ルパン 単品

女性を守るために偽ルパンに協力することを約束したルパン。
捕まっている女性にコーヒーを飲ませるなど、相変わらず優しいルパンです。

偽ルパンとの対決に勝ったルパン。
助けた女性もルパンの優しさに惹かれていきます。

しかしそこに現れたのが警察。
ルパンを捕まえようとしています。
捕まるわけにはいかないルパンは「あばよ」と言って彼女の前から消えて行きました。

その時の切ないルパンの顔。
そしてルパンを見つめる女性の顔。
映画『ルパン三世 カリオストロの城』のラストシーンを思い出させる場面でした。

 

スポンサーリンク