ドラマ『コンフィデンスマンJP』第6話「古代遺跡編」あらすじとネタバレ


ボクちゃんに頼まれてお金関係なく人助けをすることにしたダー子。ターゲットはコンサルタントの斑井満。土地を安く買い転売している男でした。ダー子は田舎に住む人の生活を守るために遺跡マニアに変身したのでした。


 

第6話「古代遺跡編」

自転車で一人旅をしていたボクちゃんは、山間にある十色村を訪れる。

そこでボクちゃんは、川辺守夫・美代夫妻が切り盛りするラーメン店の素朴な味に魅了される。

夫妻は、この村に特産品を使った商品などを販売する「ふるさとふれあいモール」が出来ることを喜んでいた。

ところがその2年後、再び村を訪れたボクちゃんは、ふれあいモールの建設計画がいつの間にか産業廃棄物処理場の建設計画に変わっていることを知る。

このプロジェクトを手がけていたのは、地方再生や町おこしを得意とするアメリカ帰りのコンサルタント・斑井満だった。

斑井は、町おこしのプロジェクトを持ちかけてタダ同然の金額で土地を買い付けると、プロジェクトを頓挫させて、知り合いの産廃処理会社に土地を転売していた。

(出典:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/story/story06.html)

第6話のゲスト

第6話のコンサルタントの斑井満を演じたのはウッチャンこと内村光良です。

安く土地を買い地元の人を喜ばせておきながら、土地を産業廃棄物処理場の会社に転売していました。

斑井満の父親は遺跡に取り憑かれた男でした。
幼い頃からそんな父親を見て育った斑井満は、父親が取り憑かれた遺跡を憎んでいました。
斑井満が開発を進める土地から遺跡が見つかったとして、工事を取り止めようとさせますが斑井満はその手に乗りません。

ダー子達が作った土器が偽物だとあっさり気が付いてしまいます。
ボクちゃんもリチャードも諦め掛けますが、ダー子は諦めません。
さらに土器や土偶を続けて、本当に遺跡があるかのようにしてしまったのでした。

遺跡を憎み、名誉と地位に固執する斑井満。
ダー子はそんな斑井満の心を変えようとしていたのでした。

詐欺は無しで人助け??

ボクちゃんに頼まれて土地開発をやめさせようという計画。
今回の経過うにはお金は関係ありませんでした。
儲け無しでダー子が動いたのでした。

ダー子の計画も心優しいボクちゃんによって失敗してしまいます。
本当に遺跡が見つかったと思ったのは斑井満だけでなく、地元の人も同じでした。
ボクちゃんは地元の人は騙せないと真実をばらしてしまったのでした。

工事は中止にはなりませんデイしたが、実はダー子には計画があったのです。
遺跡マニアとして斑井満と心を通わせたダー子。
1億円で買った山を斑井満に3億円で売って2億円儲けていました。

しかし今回のダー子の行動は詐欺ではありません。
遺跡があるかわからない山を斑井満自らが買ったのです。

遺跡に取り憑かれたマニアの顔を見て、父親のことを思い出した斑井満。
何かを探し求めるロマンを追求することを選んだのです。

ダー子のおかげで夢を追いかけることの幸せに気がついたのでした。

詐欺は働きませんでしたが、ちゃっかり2億円儲けていたダー子。
さすがです!!

スポンサーリンク