ドラマ『コンフィデンスマンJP』第5話「スーパードクター編」あらすじとネタバレ


今回ダー子はなんとドクターに変身。ボクちゃんも医者に変身しスーパードクターと呼ばれる外科医がいる病院に潜入します。病院の経営者でもあるスーパードクターの母親が今回のターゲットです。

 

 第5話「スーパードクター編」


ダー子たちは、野々宮総合病院理事長の野々宮ナンシーを新たなターゲットにする。
虫垂炎を起こしたリチャードの手術を担当した同病院の外科医・田淵安晴を、ナンシーがクビにしたのがきっかけだった。
芸能界で活躍した元モデルのナンシーは、開業医と玉の輿婚をした。

夫亡き後は病院の経営を引き継ぎ、知名度とイメージ戦略を駆使して成功を収めていた。

その中心にいるのが、ナンシーの息子でもある外科医の新琉だった。

新琉は、困難な手術を次々と成功させ、若きスーパードクターとしてマスコミからも注目されていた。

だが、実は新琉の功績のほとんどはオペチームの他の医師によるもので、中でも特に難しい手術を手がけていたのが田淵だった。

ナンシーは、薄給に耐えかねて他の病院に移ろうとした田淵に激怒し、医療過誤をでっち上げて彼を医学界から締め出したのだ。

ナンシーたちが必死になって田淵の後任を探していると読んだダー子は、ボストンの名医の指導を受けたという触れ込みでボクちゃんを売り込む。

ボクちゃんは、ナンシーがゴルフレッスン中に腰を痛めたという情報をもとに、精密検査を受けるよう持ちかけ……。

(出典:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/story/story05.html)

第5話のゲスト

第5話のゲストはに野々宮病院の経営者ナンシーを演じたかたせ梨乃と、その息子ニイルを演じた永井大です。

スーパードクターと呼ばれているが、医者としての能力がないニイル。
手術は全て影武者である他のドクターに任せています。

ニイルの母親ナンシーは病院経営で裏金をたくさんもらっていました。
そしてそのお金を使って遊び放題のナンシー。
今回はそのナンシーがダー子のターゲットになりました。

ナンシーが病気だと偽り手術をする必要があると信じ込ませます。
ナンシーの執刀医はダー子扮する女医です。

ダー子は手術の準備でナンシーと接する間に彼女の本当の気持ちに気がついていました。
息子を1人前の医者にしたいと思っているナンシー。

ダー子はナンシーからお金を釣り上げながらも、ナンシーと息子のニイルに本当の気持ちに気がつかせようとしていたのです。

案の定その作戦をボクちゃんは知りません。
ダー子が本当に手術を行って失敗したと思ったボクちゃんは1人慌てていました。

さらに、今回はもう1人特別ゲストがいました。
それは、

山田孝之でした。
手術台のベットの下からいきなり登場して驚きました。

しかもちょっとした役で登場。
出演時間は短かったですが、かなりの印象を残すのはさすが山田孝之です。

リチャードに変化が

今回の『スーパードクター編』ではダーことボクちゃんの二人だけの活動でした。
リチャードはといえば、冒頭で盲腸の手術を行ったことで人格が変わってしまいます。

ワイルドになってしまったリチャード。
今回は合コンに忙しくダー子達を手伝いませんでした。
今でのリチャードからは想像できない姿ですが、それは「大きな手術を経験すると人は性格が変わる可能性がある」というものでし。

ボクちゃんに言わせればリチャードは盲腸の手術なのでそんな大きな手術ではないのですが、リチャードは別人の様になってしまいました。

そんなリチャードの様子を見ていたダー子は、今回の計画を思いついたのです。

隠しネタ!!

今回物語の中に以前のエピソードのアイテムが登場していましたが、気がつきましたか?

ナンシーの部屋の壁に掛かってあった絵。
あれはダー子の描いた絵でした。

第3話の「美術商編」でダー子の書いた絵が、なんとナンシーの部屋にあたのです。

物語の最後にダー子の絵をネットに出したら、どんどん値段が上がって驚いていたボクちゃん。
ダー子は喜んでいましたが。。。

あの絵はナンシーが購入していたんですね。

絵を見た瞬間思わず大笑いしたシーンでした。