ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話「映画マニア編」あらすじとネタバレ


ダー子が女優デビュー!?ボクちゃんとリチャードで映画を作ってしまう?今回の「映画マニア編」ではダー子たちが映画業界に潜り込みます。3人はなぜ映画を作ることになったのでしょうか?

第4話「映画マニア編」

ダー子は、食品メーカー・俵屋フーズで工場長を務めている宮下正也が、自社製品の産地偽装を告発しようとしていたことを知る。

看板ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」で、外国産のうなぎを国産だと偽って使用していたのだ。

しかし宮下は、同社社長・俵屋勤の脅しに屈し、告発文を出すことはできなかった。

俵屋は典型的な二代目のお坊ちゃんで、公私ともにやりたい放題、社員へのどう喝、セクハラも日常茶飯事、というとんでもない男だった。

そんな俵屋を新たなターゲットに選んだダー子は、彼が熱狂的な映画ファンであることに注目する。

ダー子たちは、俵屋が定期購読している『月刊キネマ新報』を、“映画人が愛した銀座のカフェバー・スワンソン”なる記事を載せたニセモノと差し替えて、彼をその店に誘い込むことに成功する。

そこで、新人映画監督に扮したボクちゃんと、映画プロデューサー役のリチャードが巧みに俵屋に近づき、オールスターキャストで制作されるという新作時代劇映画への出資を持ちかける。

ところが俵屋は、ボクちゃんたちの話にかなり興奮していたにもかかわらず、何故か出資話には興味を示さず……。

(出典:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/story/story04.html)

1人2役のダー子

今回はダー子が2役に挑戦です。
まずはカフェ「スワソン」で働く女性マスター。

映画業界の人が愛用しているカフェで働く女性マスターを演じます。
ここでターゲットの俵屋が、ボクちゃんとリチャードが変装している監督とプロデューサーに会うという設定を作ります。

そして映画への出資をお願いするのですが、俵屋は出資してくれませんでした。

計画がうなくいかないダー子。
今度は映画の主演女優マギー・リンを演じます。
前回に続き、今回も中国人を演じ片言の日本語で変装します。

さらに冒頭ではマリリン・モンロー姿も見せてくれて、ダー子の変装を満喫できるエピソードにもなっていました。

第4話のゲスト 佐野史郎

第3話のゲストは佐野史郎
俵屋フーズの社長を演じています。

俵屋フーズ2代目の社長は、製造偽装を行い部下にはセクハラパワハラし放題。
部下が偽装を告発しそうになると圧力をかけてしまいます。

たまたま俵屋フーズの実態を知ったダー子は、社長の俵屋勤をターゲットにします。
俵屋はマニアがつくほどの映画好き。
ダー子は俵屋の映画好きに注目し、彼をつり上げようとしたのです。

カフェ「スワソン」で俵屋にお金を出させることに失敗したダー子たちは、なんと映画を撮影し始めます。

俵屋を無理やり映画撮影に巻き込み、彼に出資させようという結果うに変更しました。

時代劇の撮影場にはサプライズゲストがいました。

それは

伊吹吾郎でした。
ご本人役で登場してくれています。

さらに、ラストにまさかの登場もあり、最後まで驚かされてしまいました。

ネタバラシ

映画の撮影に俵屋を巻き込み、彼に出資させることに成功したダー子たち。
俵屋はお金を出資する代わりに、映画自体にも口を挟み始めます。

そこでダー子は「俵屋の夢を叶えてあげる」ことにしたのです。
映画に出演までしてご機嫌の俵屋。

ダー子は撮影所で俵屋フーズを告発しようとしていた部下に近づいていました。

映画が完成し披露の時。
俵屋は劇場でその映画を観ます。
すると映画の内容は部下の俵屋フーズの告発になっていたのでした。

俵屋の望み通りダー子は1本の映画で俵屋の人生を変えたのでした。

映画撮影という大掛かりなセットのため、今回3人には儲けはありません。
赤字になってしまいましたが、ダー子たち3人はまた弱者を1人助けたのでした。

 

スポンサーリンク