ドラマ『コンフィデンスマンJP』第3話「美術商編」あらすじとネタバレ


なんと今回のダー子は中国人の美術商に変身。大金持ちの美術商になりすましたどんどん絵を落札します。そんなダー子のターゲットにされたのは、裏の世界凸ながら美術鑑定士の男でした。

第3話「美術商編」

城ケ崎は、貧しい家庭に生まれ育った。

画家だった父は、才能に恵まれなかったものの気位だけは高かったため、母と共に苦労してきたという。

美術評論家になったのも父のような画家に引導を渡すためだった。

独学で古今東西のあらゆる芸術作品を学んだ城ケ崎は、バブル崩壊後に行方不明になっていたいくつかの名画を発掘して名をはせ、今では美術品を鑑定する冠番組まで持っていた。

しかしその本性は、女癖が悪い上に、持ち込まれた美術品の真贋を偽って安く買い上げ、裏社会の顧客に脱税資産やマネーロンダリングの手段として密かに売却して大儲けしている、欲と金にまみれた男だった。

ダー子は、中国人バイヤー“王秀馥”として城ケ崎のオークションハウスに潜入し、金に糸目をつけずに大量の作品を買い上げることで彼の信頼を得る。

さらにダー子は、城ケ崎を騙すためのタネとして、旧知の贋作画家で、あらゆる時代の有名画家のタッチを知り尽くしているという伴友則に、ピカソの“まだ世に知られていない作品”の制作を依頼するが……。

(出典:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/story/story03.html)

3話目のゲスト 石黒賢

美術商編で鑑定士であり美術評論家の城ヶ崎善三を演じたのは石黒賢です。
お金儲けのことしか考えていない城ヶ崎が今回のターゲットです。

本物なのに贋作だと言って安く絵を買い高く売る城ヶ崎。
それでも彼の鑑定士としての目は一流で、どんな贋作でも見破ってしまいました。

今回のダー子の作戦は今までも一度も見破られてことのない贋作画家の伴ちゃんに絵を買いてもらいますが、城ヶ崎はあっさりとその絵が偽物だと見破ってしまいます。

計画が失敗して仲間だった伴ちゃんが警察に捕まってしまうことになったダー子。
伴ちゃんの仇を討つべく、新しい作戦に乗り出したのでした。

ネタバラシ

最初の作戦を失敗してしまったダー子。
贋作を見破られてしまったダー子が考えた作戦は、本物を書くことでした。

「まだ見ぬ未来のアーティスト」の発掘したいと思っている美術評論家の心をつく作戦にでたダー子は、無名画家の作品を工学の絵にすることを考えたのでした。

しかも思いついたのはお取り寄せの卵を食べている時。
卵を作っている青年の名前を借り、架空の無名画家を作り出してしまいました。

ボクちゃんとリチャードに絵を描いてもらったダー子は、その絵を中国人の王秀馥扮して高額で買い取ろうとします。

するとダー子よりも高い値をつけた城ヶ崎。
なんとボクちゃんとリチャードが書いた50枚の絵が、3億5千万で売れてしまいました。

絵を手に入れた城ヶ崎はその絵をオークションにかけます。
高い値で売るつもりだった城ヶ崎でしたが、なんとその会場に卵を作っていた青年がきていました。

「僕は画家ではなくて卵を作っています」と言った青年。
城ヶ崎はその時初めて騙されたことに気がついたのでした。

今回もダー子の作戦で無事ピンチを切り抜けました。
しかもダー子は中国人に変装したり、かなり大胆な作戦でした。

前回登場した五十嵐も登場し、絵をかくボクちゃんとリチャードに協力してくれました。

さらにダー子の書いた絵が高額の値がつくというオチまでついていたエピソードでした。

 

 

スポンサーリンク