アニメ『ルパン三世』(1971年)第9話「殺し屋はブルースを歌う」あらすじとネタバレ


峰不二子の過去が描かれた第9話。ルパンと出会う前の峰不二子の物語です。そしてまたルパンが不二子のために必死になる姿が切なくもあり、また悲しくもあるエピソードです。

第9話「殺し屋はブルースを歌う」


ルパン三世 (6) (中公コミック・スーリ アニメ版)

不二子の前に、かつてのパートナー・殺し屋プーンが現れた。

逃走を図るが、銃で撃たれさらわれる。

命の危うい不二子をルパンは助け出そうとするが…

(出典:https://video.unext.jp/title/SID0012466)

峰不二子の過去

ルパンと峰不二子が出会ったのは3年前。
ルパンは3年前以前の峰不二子のことを知りませんでした。

そんな峰不二子の過去が描かれている第9話。
峰不二子は殺し屋プーンの相棒だったのです。

二人はシンジケートでは名前のしれた殺し屋チームでした。

3年前に不二子は仕事でミスを犯します。
プーンは組織から不二子を殺すように命じられますが、プーンは実行できず不二子を逃がしたのでした。

それ以来プーンは不二子のことを探し続けていたのです。
そしてプーンは不二子の居場所を見つけ出し、不二子の元へやって来たのでした。

プーンを見てすぐに彼だと気がついた不二子。

かつては愛し合ったプーンと不二子だったようですが、不二子の現在の気持ちは。。。

ルパンの命を狙おうとしたプーンを、不二子は撃ったのでした。
現在の不二子の気持ちが分かった瞬間でもありました。

不二子を愛したルパン


【未開封】ルパン三世 ビネットコレクション6 〜1st TV ver.PART2〜 no.27 ルパン三世&峰不二子 殺し屋はブルースを歌う バンプレスト【中古】

今までも不二子のことを好きだとほのめかしていたルパン。
ただしルパンは女好きですので、不二子のことがどこまで本気なのかは分かりませんでした。

しかし今回はルパンの不二子への想いが描かれています。
不二子を助けるために必死になるルパン。

次元でさえ「本気で惚れたな」と驚いていたくらいです。

手術をしなければいけない不二子のために、プーンを説得しようとするルパン。
いつもの荒々しさはなく、今回ばかりは慎重です。

ルパンの必死さを見ていればどれだけ不二子のことを愛しているのか伝わって来ます。
不二子も冒頭では「本気で好きになったみたい」と言ったり、ルパンのためにプーンを撃ったりとルパンを大切にしているのが伝わって来ます。

でも峰不二子はやっぱり峰不二子なのです。
助けてもらったルパンの元をあっさり去って行ってしまいました。

そこも含めてきっとルパンは不二子を愛しているのでしょう。
そしてまた不二子も彼の元を離れても、彼女が愛しているのはやっぱりルパンなのです。

 

スポンサーリンク