映画『007 ゴールドフィンガー』あらすじとネタバレ 憧れのボンドカーの登場


『007』シリーズの第3作品目になる『007 ゴールドフィンガー』。前作でQがジェームズ・ボンドに特殊なスーツケースを渡しましたが、今回はみんなの憧れボンドカーがついに登場します。子供の頃この車に憧れた人は多かったはずです。

『007 ゴールドフィンガー』作品情報

タイトル 007 ゴールドフィンガー(Goldfinger)
監督 ガイ・ハミルトン
公開 1965年4月1日
製作国 イギリス
時間 1時間50分

Rotten Tomatoes

『007 ゴールドフィンガー』あらすじ


ゴールドフィンガー [Blu-ray]

金だけを愛する男ゴールドフィンガー。

彼はアメリカ中の金塊が貯蔵されるフォートノックスを放射能で汚染させ、自分の金の値打ちを上げようと画策していた。

それに先立つ、大量の金流出を調べていたボンドは、事件の背後にゴールドフィンガーが存在していることを知るが……。

(出典:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14176)

ボンドカーの登場


(キンスマート) アストンマーティンDB5 007 シルバー 1:31 Aston Martin DB-5  

今回Qがジェームズ・ボンドに紹介したスパイ道具は、車でした。
これが『007』シリーズで初めて登場する車ボンドカーです。

アストン・マーティンDB5の改造車
かなりの特殊装備がされていました。

・フロントガラス、ボディは防弾
・ナンバーは回転式
・数々の特殊装備(煙、油、機関銃など)

そして最大の売りは飛び出す助手席でした。

Qはボンドに壊さず返して欲しいと言いますが、この車はQの元に戻ってくることはありませんでした。

ゴールドフィンガーの基地に乗り込んだボンドでしたが、オットジョブとの戦いで車は破壊されてしまいました。

タイヤから棒が出て他の車のタイヤをパンクさせたり、魅力的な装備がたくさんついていたボンドカー。

当時人気の車となり、この車を欲しいと思った人は多かったはずです。
ボンドカーのミニカーを持っていた人はたくさんいました。

ボンドガール

出典:IMDb

今回のボンドガールは、ゴールド・フィンガーの部下のプッシー・ガロアという女性でした。
何と言ってもその名前が今日れてすぎて忘れることができません。

名前を聞いたジェームズ・ボンドも「天国にいるようだ」と言っていたくらいです。
1作目もそうでしたが、ボンドガールの名前はなぜか下品な名前が使われることが多いのです。

今回のプッシー・ガロアを演じたのはオナー・ブラックマンです。
今までのボンドガールは英語が話せないため吹き替えでしたが、オナー・ブラックマンはイギリス人で当然英語が話せます。

『007』シリーズで初めて吹き替えなしのボンドガールとなりました。
ボンドガールの中でも1番セクシーだったと言わられいるくらい、『007 ゴールドフィンガー』の中で彼女の魅力を振りまいています。

まとめ

ボンドカーの登場など『007』シリーズの中でも人気の高い作品の『007 ゴールドフィンガー』。

スペクターは登場せず、単独犯のゴールド・フィンガーとの戦いとなりました。

全身を金粉で塗られたりと、驚くシーンがあるのもこの作品の魅力です。

いつもとは少しテイストの違う『007 ゴールドフィンガー』。

それでも登場スパイグッズにはワクワクしてしまいます。

 

スポンサーリンク