ドラマ『HAWAII FIVE-0』シーズン1第5話「消えた令嬢」あらすじとネタバレ


相変わらずダノに膝は治っていません。今回も現場にはだダノを除く三人で出動しました。さらに新しい検死官やダノの恋人が登場します。

シーズン1第5話「消えた令嬢」

Hawaii Five-0 シーズン1 Blu-ray<トク選BOX>

駐フィリピン大使の令嬢二人のうち一人が溺死体で発見され、一人が誘拐される。

検死官のマックス・バーグマンの優れた考察によって、ファイブ・オーは麻薬、売春、そして危険な政治的背景など、もつれた糸をほどいてゆく。

(出典:https://tv.foxjapan.com/fox/program/episode/index/prgm_id/21280)

検死官マックス

出典:IMDb

今回新たに登場したのが検死官のマックス・バーグマン。
ピアノのうまく検死官としてもなり有能なマックスですが、少し変わり者ようです。

マックスの言動にはスティーブもダノもちょっと驚いていました。

さらにマックスはどうやら潔癖症のようです。
ダノが「ブラックライトを貸して欲しい」とマックスに言うと、彼は「自分のものを触られるのは嫌だ」と答えるくらいです。

結局は貸していましたが、やはりどこかクセのあるマックス。
この先FIVE-0との絡みが楽しみです。

スティーブの恋人

出典:IMDb

前回のエピソードでスティーブが捜査を協力してもらったキャサリン。
どうやらスティーブとは恋人関係のようです

しかもかなり大胆なキャサリン。
なかなかスティーブとは会えないようなので、一緒にいるときは大胆になってしまうのかもしれません。

スティーブは今回もキャサリンに捜査協力をお願いします。
空母にいるキャサリンに無線から男の居場所を割り出してもらっていました。

彼女に協力してもらえば、犯人の居場所などはすぐに見つけられそうな気がします。

スティーブの家にはまだ妹のメアリーもいました。
メアリーは父親がスティーブに託した証拠の数々を発見します。

スティーブは触らずに元に戻しておくように言いますが、メアリーは証拠を写真にと撮っていたように見えました。

メアリーが危険なことをしないでくれるといいのですが。。。

 

いますぐ『HAWAII FIVE-0』を視聴したい方は、こちらから視聴可能です↓↓
(2019年3月現在)

 

スポンサーリンク