ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』第1章第1話「冬きたる」 あらすじと解説


2011年から始まった『ゲーム・オブ・スローンズ』。壮大な物語で大ヒットしていますが、複雑な人物関係に最初は慣れないかもしれません。ここでは1話ごと分かりやすくまとめてみました。まずは全ての始まり第1章の第1話からです。

ウィーンターフェル城

北に位置するウィンターフェル城。
ここを守っているのはエダード・スタークです。

スターク家

http://gameofthrones.com/game-of-thrones/season-1/episode-1

エダードと妻キャトリンの間には五人の子供がいます。
○ロブ
○サンサ
○アリア
○ブラン
○リコン

エダードには落し子(別の女性との間にできた子供)も1人います。
○ジョン・スノウ

エダードの兄
○ベンジャミン
彼は壁と言われる場所で働くナイツ・ウォッチです。

妻キャトリンには妹のライサ・アリンがいます。
ライサの夫は「王の手」として王に使えるジョン・アリンです。

物語はこのジョン・アリンが亡くなったことから始まりました。

キングス・ランディング

七王国の王として君臨するのは、ロバート・バラシオンです。

バラシオン家は

http://gameofthrones.com/game-of-thrones/season-1/episode-1

王と妻のサンサの間には子供が3人いるのですが、第1話では長男のジョフリーが登場します。

妻のサンサのには弟が2人います。
1人は双子のジェイミーでもう1人はインプと呼ばれているティリオンです。

http://gameofthrones.com/game-of-thrones/season-1/episode-1

サンサはロバートの妻でありますが、双子の弟ジェイミーとできていました。
それを偶然見てしまったブランは、ジェイミーによって塔から突き落とされてしまいました。

ロバートとエダードの関係

出典:IMDb

王であるロバートとエダードは幼い頃から一緒に育てられていました。
彼らを育てたのが父親代わりのような存在ジョン・アリンだったのです。

ロバートは本来であればエダードの妹と結ばれるはずでしたが、叶いませんでした。
その理由はターガリエン家にあります。

ロバートはエダードの妹と結ばれない原因となったターガリエン家を滅ぼしたのでした。

ターガリエン家

ロバートはターガリエン家を完全に滅ぼしたわけではありませんでした。
生き残りが2人いました。

http://gameofthrones.com/game-of-thrones/season-1/episode-1

王都を追われ海を渡りペントスに逃れた、ヴィセーリス3世とデナーリスの兄妹です。
ヴィセーリスは王の座に返り咲くことを考えています。

そのために妹デナーリスをドスラク人のカール・ドロゴと結婚させました。
妹を渡す代わりにドロゴの率いる軍隊をもらおうとしていたのです。

デナーリスとドロゴの結婚式の日に、お祝いを持ってやってきたのがジョラー・モーモントです。

http://gameofthrones.com/game-of-thrones/season-1/episode-1

彼はデナーリスの父親に使えていた人物でした。

さらにその祝いの席でデナーリスに3つのドラゴンの卵をプレゼントしたのが、イリリオでした。

http://gameofthrones.com/game-of-thrones/season-1/episode-1

彼は王都を追われたヴィセーリスとデナーリスを、家に住まわせ世話をした人物です。

ジョン・アリンの死

出典:IMDb

王の手であったジョン・アリンがなくなり、新たな王の手にエダード・スタークを任命するためにウィンターフェルまでやってきたロバート・バラシオン。

エダードは最初はその話を断ろうとしていました。
しかしジョン・アリンの妻でありキャトリンの妹ライサから手紙が届きます。

その内容は熱病で死んだと言われるジョン・アリンはラニスター 家によって暗殺されたということでした。

さらに王の命も危ないと書かれています。

ライサは王都を逃げ出しアイリー城に戻理、命がけで手紙を送ってきたのです。
手紙の内容を知ったエダードは、「王の手」になり王を守ることを決めました。

ホワイト・ウォーカー

出典:IMDb

ウィンターフェルのさらに北には壁がありナイツ・ウォッチが働いています。
壁の向こうに行き、野人の偵察に出かけたナイツ・ウォッチ達が見たもの。

それがホワイト・ウォーカーです。

エダードは何千年も前にホワイト・ウォーカーは消えたと言いますが、壁の向こうではホワイト・ウォーカーが動き始めていたのです。

七王国の位置関係

http://gameofthrones.com/game-of-thrones/season-1/episode-1

北に位置するのがウィンターフェル城です。
ロバート・バラシオンはキングス・ランディングからはるばるやって来たのです。

さらにロバートに追われて海を渡ったターガリエン家。
キングス・ランディングの北ペントスにいます。

ジョン・アリンの妻はキングス・ランディングから逃げて、アリー城に帰りました。

まとめ

七王国の王の手が亡くなり新たな王の手に任命されたエダード・スターク。

彼は王の手が暗殺された可能性もあることから任務を引き受けました。

そしてエダードのいるウィンターフェルの北では、ホワイト・ウォーカー達が動き始めていたのでした。

 

 

スポンサーリンク