アニメ『ルパン三世』(1971年)第3話「さらば愛しき魔女」あらすじとネタバレ


ルパンが愛した女性は魔女だった。いつになくルパンと女性の関係が切なく描かれているエピソードです。女性のために涙を流すルパンも見れます。

第3話「さらば愛しき魔女」


ルパン三世H : 6 さらば愛しき魔女編 (アクションコミックス)

ルパンが出会った女性は魔女だったのが、第3話の「さらば愛しき魔女」です。

第三の花という原料を使い作り出された液体。
この液体を使い新型ミサイルの起爆剤を開発されられていたのが、ハインライン博士でした。

博士の助手であったリンダは博士により人体実験を受け、第三の花がないと生きられない体になってしまいます。

そんなリンダに惚れたのがルパンでした。

ミサイルを使わせないために、ルパン達は博士とともに第三の花を焼き払います。
その花畑の真ん中にいたのがリンダです。

博士は彼女を自らの手で始末しました。

ミサイルのために命を落とすことになったリンダのために、ルパンは涙を流します。

初めてルパンが女性のために涙を流したエピソードでもあります。

ルパンの銃


DX ルパン三世フィギュア ワルサーP38 モンキーパンチ

ルパンが使用している銃はワルサーP38です。
エンディングテーマの中にも名前は登場しますが、この第3話で初めてきちんと銃の名前が登場します。

峰不二子はルパンの内ポケットから銃を取り出し、「ワルサーP38。素晴らしいフィーリングね」と言っていました。

ルパンのキャッチフレーズ


ダイブ×ルパン三世 ルパン三世 1st TV series ver. (ノンスケールPVC塗装済み完成品) ダイブ

第3話で登場したのはルパンの愛用している銃の名前だけではありません。

ルパンのキャッチフレーズも登場します。
それは、
飛ぶ鳥のごとく獲物を襲い風のごとく消え去る」です。

これを聞いたルパン本人はさらに付け加えます。
俺は脱走の天才だ」と笑いながら言ったのでした。

その言葉通りルパンは見事に牢獄から脱走します。
逃げた後は次元によって助けてもらっていましたが、ルパンにとっては抜け出さない場所などはなさそうです。

 

いますぐ『ルパン三世』を視聴したい方は、こちらから視聴可能です↓↓
(2019年1月現在)


【中古】 HGIF ルパン三世ヒロインズ リンダ(1st第3話より)