ドラマ『アウトランダー』シーズン4 第6話「父と息子」あらすじとネタバレ


マータフとの再会を喜んだジェイミーとクレア。マータフもフレイザーズ・リッチに顔を出しクレア達との時間を楽しんでいました。そこにまた新たな再会がジェイミーを待っていたのでした。

シーズン4第6話「父と息子」のあらすじ

ジョン・グレイ卿が思いもよらぬ旅のお供を連れてフレイザーズ・リッジに立ち寄り、ジェイミーとクレアは驚く。

しかしグレイが病に倒れ、クレアは私情を押し殺して医師の務めを果たすことに。

(出典:https://www.happyon.jp/watch/100029122)

ジェイミーから手紙を受け取っていたジョン・グレイ。
「美しい景色を見にやってきた」と言い息子ウィリアムを連れてやってきました。

ジェイミーは驚きながらも久しぶりにウィリアムとの再会を喜んでいました。

一方、クレアは複雑な心境でした。
ジェイミーとウィリアムとの関係は認めていましたが、ジョン・グレイがわざわざやってきたことに疑問を感じていました。

またマータフはジョン・フレイが総督と親しくしていることをよく思っていませんでした。
法外な税金を徴収し、宮殿をたてた総督とのことでジョンとマータフは言い合いになりそうでした。

ジョン・グレイとジェイミーの関係

ジョン・グレイはがジェイミーと初めてあったのは、ジョンがまだ16歳の時でした。
ジェミー達ハイランド人の偵察にきたところを、ジェイミーに見つかってしまいます。

クレアの芝居もあって助けられたジョン。
ここからジェイミーとジョンの関係が始まるのです。

ジェイミーがジョンを助けたことで、カローデンの戦い後逃げていたジェイミーは殺されませんでした。
隠れていたジェイミー達を見つけたイングランド軍の中に、ジョン・グレイの弟がいたのです。
兄を助けてもらったお礼に、ジェイミーを殺さずに逃がしてくれたのでした。

その後、囚人となり刑務所に入ったジェイミー。
そこに所長としてやってきたのが、大人になったジョン・グレイだったのです。
ジョンは過去に助けたもらったこともあり、ジェイミーをアメリカには送らずヘルウォーターで働けるようにしてくれたのでした。

ヘルウォーターで子供ができたジェイミー。
ジェイミーはその子供をジョン・グレイに託し、ジョンと子供の元を去ったのでした。

ジョンは以前からジェイミーに思いを寄せていました。
もちろんジェイミーはその気持ちを知っていて、断っていました。

クレアはジョンがジェイミーに会いにやってきたのだと気がついていました。
ジョンは自分の気持ちを確かめるためにジェイミーに会いにやってきていたのです。
しかしそれはジェイミーへの思い出はなく、自分自身にまだ感情があるのかどうかを確かめたかったのでした。

クレアの嫉妬

ジェイミーと息子のことを知っているクレアは、理解を示します。
しかし、ジョンに対してはどうしてもきつく当たってしまっていました。

それは自分がジェイミーと離れている間の20年に起こったジェイミーとジョンの関係。
ジェイミーはジョンを信頼しています。
その2人の関係に嫉妬していたのでした。

しかしジョンがなぜジェイミーに会いにきたのかを知り、ジョンの気持ちを理解したのでした。
そしてジェイミーとは結ばれないが、「あなたにはジェイミーの息子ウィリアムがいる」とジョンを勇気付けたのでした。

 

それぞれが複雑な感情を抱いたジョン・グレイトの再会でしたが、マータフはかなり怒っていました。
総督と世直し団の関係がかなり悪化していることを感じ取れます。

この先大きな問題が起こりそうな予感がしてしまいました。

 

いますぐ『アウトランダー』を視聴したい方は、こちらから視聴可能です↓↓

 

 

 

スポンサーリンク