映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』あらすじとネタバレ考察


27年ぶりに制作された『マッドマックス』シリーズの4作品目となる『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。文明社会が崩壊し荒廃した世界で起こっているとんでもない戦いの物語になっていました。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』作品情報

タイトル マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road
監督 ジョージ・ミラー
公開 2015年6月20日
製作国 オーストラリア
時間 2時間00分

Rotten Tomatoes

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』あらすじ


マッドマックス 怒りのデス・ロード [Blu-ray]

石油も、そして水も尽きかけた世界。

主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス。

資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ、配下の全身白塗りの男ニュークスと共に、奴隷として捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。

凄まじい追跡、炸裂するバトル……。

絶体絶命のピンチを迎えた時、彼らの決死の反撃が始まる!

(出典:http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/#synopsis)

崩壊した世界で独立した集団を作り、トップに君臨するイモータン・ジョー。
彼は独裁者となり1つのコミュニティを築きあげていました。

そんなイモータン・ジョーの部下たちに捕まり、戦闘集団ウォーボーイズの輸血袋とされ血液を取られ続けるマックス。

一方、イモータン・ジョーに信頼されていた部下のフュリオサ。
彼女はイモータン・ジョーの妻たちを連れて逃げ出し、「緑の地」を目指します。

フュリオサ達が逃げ出したことに気がついたイモータン・ジョーは部下達を連れて、砂漠の中フュリオサ達を追いかけ続けたのでした。

アカデミー賞6部門受賞

© 2014 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

アカデミー賞に10部門でノミネートされ6部門で受賞した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。

・衣裳デザイン賞
・美術賞
・メイクアップ&ヘアスタイリング賞
・編集賞
・音響編集賞
・録音賞

第88回アカデミー賞の最多受賞数となる6部門の受賞を果たした『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。
受賞内容を見れば、どれだけこの作品が視覚的に音響的に素晴らしい作品なのか理解できます。

はっきり言うと、ほとんどストーリーがないのが『マッドマックス 怒りのデス・ロード』です。
荒廃した世界で砂漠の中を走り続け戦うだけの物語なのです。

しかしその驚くべき風景やカーチェイスなどは圧巻の世界となっています。
さらに荒廃した世界で生きるイモータン・ジョー達のメイクにも、びっくりさせられます。
もはや彼らが生きている世界はにいるのは、人間なのかどうか分からないそんな世界になっていました。

そんな荒廃した落ちるところまで落ちた世界というのを、見事に作り上げたのが『マッドマックス 怒りのデス・ロード』だったのです。

まとめ

解説を読むよりもとにかくまず作品を見るのが1番。
そんな映画が『マッドマックス 怒りのデス・ロード』です。

映画を見れば世界観のすごさが全て伝わります。

激しいカーチェイスムービー『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。
ぜひその世界観を堪能してください。

 

いますぐ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を視聴したい方は、こちらから視聴可能です↓↓
(2019年1月現在)