映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』荒廃した世界 砂漠の中で続くカーチェイス


27年ぶりに制作された『マッドマックス』シリーズの4作品目となる『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。文明社会が崩壊し荒廃した世界で起こっているとんでもない戦いの物語は、最初から最後までカーチェイスでした。緑の地を求めてマックスは走り続けます。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』作品情報


マッドマックス 怒りのデス・ロード [4K ULTRA HD + Blu-ray]

タイトル マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road )
監督 ジョージ・ミラー
公開 2015年6月20日
製作国 オーストラリア
時間 2時間00分

Rotten Tomatoes

あらすじ

石油も、そして水も尽きかけた世界。

主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス。

資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ、配下の全身白塗りの男ニュークスと共に、奴隷として捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。

凄まじい追跡、炸裂するバトル……。

絶体絶命のピンチを迎えた時、彼らの決死の反撃が始まる!

(出典:http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/#synopsis)

アカデミー賞受賞
・衣裳デザイン賞
・美術賞
・メイクアップ&ヘアスタイリング賞
・編集賞
・音響編集賞
・録音賞

マッドマックスの世界

新たに公開された『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。
その世界は核戦争により荒廃してしまった世界でした。

石油を求めて戦争が続き、世界は砂漠化しています。
汚染されてしまった世界は、緑だけを奪っただけでなく人間の寿命も半分になってしまいます。

毒物によって人間の体は蝕まれてしまっていたのです。

そんな中でイモータン・ジョーは砦で暮らしています。
地下には水質資源があり水を支配しています。
砦の上だけは緑が育っていました。


ポップ! 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』イモータン・ジョー

しかも住人を支配しているジョーは、彼の世界を作り上げるべく「子産み女」としてたくんさんの妻がいます。
ジョーの元でほとんどの人間が奴隷のような暮らしをしていました。

そんな中反乱を起こしたのがフュリオサでした。
幼い頃この地に連れ去られてしまった彼女は、ジョーの妻達を連れて希望の地である「緑の地」を目指しました。

砂漠のカーチェイス

最初から最後までほとんどが砂漠の中のカーチェイス。
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』はそれしかありません。

希望の地を目指したフュリオサ達でしたが、希望の地はありませんでした。
そんな時マックスが希望の地は「砦」だと言いました。

一度去った砦にもう一度戻るフュリオサ達。
これが『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のストーリーです。

たったこれだけですが、アカデミー賞で6部門の受賞する作品となりました。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力は圧倒的なその世界観です。

荒廃した世界の中で生き抜く人類。
その様子は映画を見るだけで伝わってきます。

セリフがほとんどなくても、無機質な砂漠が彼らの苦悩を物語っていました。
そしてその中から誕生した支配者達やウォーボーイ。

彼らの不気味さが荒廃した世界そのものなのです。

まとめ

解説を読むよりもとにかくまず作品を見るのが1番。
そんな映画が『マッドマックス 怒りのデス・ロード』です。

映画を見れば世界観のすごさが全て伝わります。

激しいカーチェイスムービー『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。
ぜひその世界観を堪能してください。


【POP! 】『マッドマックス 怒りのデス・ロード』フュリオサ