映画『ボーン・アイデンティティー』あらすじと解説 シリーズ第1作品目


マット・デイモン主演の映画『ボーン・アイデンティティー』。人間兵器として育て上げられたCIA工作員ジェイソン・ボーン。しかし彼は任務の失敗で記憶を失ってしまったのでした。大人気シリーズはこの作品からスタートしました。

『ボーン・アイデンティティー』作品情報

タイトル ボーン・アイデンティティー(The Bourne Identity
監督 ダグ・リーマン監督
公開 2003年1月25日
製作国 アメリカ
時間 1時間59分

Rotten Tomatoes

『ボーン・アイデンティティー』あらすじ


ボーン・アイデンティティー [Blu-ray]

海上を漂う瀕死の記憶を失った男がイタリア漁船に救われる。

男は唯一残されていた銀行の名前と貸金庫の番号からスイスへ赴き、「ジェイソン・ボーン」名義の身分証明書とさまざまな国籍のパスポート、大金と拳銃を見つける。

そこへ次々と暗殺者が現れ…。

(出典:https://video.unext.jp/title/SID0022814)

意識を失い海で漂流していた男。
助けられますが、全く記憶はありませんでした。

体には2発の銃弾の跡。そしてお尻には銀行の口座番号が埋め込まれていました。
唯一の手がかりの銀行と訪ねた男は、初めてそこで自分の名前を知ります。
男の名前はジェイソン・ボーンでした。

しかし銀行を訪れ自分の名前を知っていこう彼は命を狙われ始めました。
記憶のない中、助けてもらった女性とともに逃げ続けるジェイソン。

記憶は戻らない中、彼は自分の正体を確かめに向かうのでした。

記憶を失ったジェイソン・ボーン

出典:IMDb

自分自身が何者か分からないジェイソン・ボーン。
お尻に埋め込まれていたチップを頼りにスイスのチューリッヒ銀行までたどり着きます。

銀行の金庫の中にあったのは、自分の身元だけではありません。
いくつものパスポート、拳銃、大金が隠されていました。
一体自分が何者か分からない、ジェイソン・ボーン。

しかも自分が誰かに追われていることに気がつきます。
そして命を狙われていることにも。

危険を感じ逃げ出し、住んでいたらしいパリに向かいます。
家に戻っても記憶の戻らないジェイソン。

ただ彼は圧倒的な戦闘能力を持っていたのでした。

結局、自分が誰なのか分からないまま自分の命を狙う敵と会うジェイソン。
そこで初めて自分が何者かを知り、記憶を取り戻したのでした。

彼はCIA工作員のジェイソン・ボーン
トレッドストーン計画の一員として育てられた人間兵器だったのです。

人間兵器のはずの彼ですが、ミッションで殺そうとした相手ウォンボシが幼い子供と一緒にいたため殺すことが出来ませんでした。

そして逆に撃たれてしまい海に逃げ出し、記憶を失ってしまっていたのでした。

人間としての心を持ち合わせていたジェイソンは、そのまま工作員を辞めてしまいました。

『ボーン・アイデンティティー』の原作

大人気映画『ボーン・アイデンティティー』には原作小説があります。

ロバート・ラドラムのベストセラー小説「暗殺者」です。

まとめ

マット・デイモン主演の人気シリーズの最初の作品『ボーン・アイデンティティー』。
ここからスリル満点のスパイ映画が始まりました。

激しいアクションや迫り来る恐怖に最後までドキドキしっぱなしの作品になっています。

 

いますぐ『ボーン・アイデンティティー』を視聴したい方は、こちらから視聴可能です↓↓
(2019年1月現在)

 

 

スポンサーリンク