Netflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン2第7話「姉妹の契り」


第6話ではホーキンスの町に広がった裏側の世界の事実に気づきましたが、エルは登場しませんでした。第7話ではホーキンスを離れたエルの物語が描かれています。

エルの姉妹

出典:IMDb

母親に会いに行ったエル。
母親の記憶の中で、自分と一緒にいる少女を見つけました。
「彼女に探しなさい」と母親が言っていると感じたエルは、彼女を探し出します。
そして1人彼女のいるインディアナ州に向かいました。

幼い頃エルと一緒にいた少女が、やはり第1話で登場した女性カリです。

カリの能力はエルとは違います。
カリは「人に何かを見せたり、見せなかったり」できるのです。

第1話で警察から逃げる際にトンネルが爆破したように見えたのは、カリの力だったのです。

カリの目的

出典:IMDb

エルと会い、エルの能力を知ったカリ。
エルに優しく接し、妹のように思います。
エルもまたカリを姉のように思っていました。

カリは自分たちを傷つけた研究所の職員に、復讐する機会を伺っていました。
エルがいれば生き残っている職員を簡単に見つけられます。
エルに怒りを思い出させ、仲間とともに復讐に向かったのでした。

エルは仲間の一員となり、楽しい時間を過ごします。
しかし職員に子供がいることを知ったり、夢でホッパーやマイクのことを思い出し次第にホーキンスに帰りたいと思うようになっていました。

エルの家と仲間

出典:IMDb

カリにここが家だといわれ、カリの仲間を紹介されたエル。
自分の居場所を見つけたように感じます。

しかしその夜、ホーキンスでホッパーやマイクに危険なことが起こっている夢を見ます。
今まで自分に優しく接してくれた彼らのことを思い出していました。
そして自分の居場所はここではないと気がついたのでした。

カリと離れるのは辛いけど、エルはホーキンスに戻ることを選んだのでした。