映画『秒速5センチメートル』タイトルの意味は?


新海誠監督の連作短編アニメの『秒速5センチメートル』。貴樹と明里の切ない関係。それぞれの時代によって変わる2人の距離。その距離感が3部作として描かれているのが『秒速5センチメートル』でした。

『秒速5センチメートル』作品情報

タイトル 秒速5センチメートル
監督 新海誠
公開 2007年3月3日
製作国 日本
時間 1時間3分

Rotten Tomatoes

連作短編3部作

第一部「桜花抄」

小学校で出会った2人。

明里の転向まで仲良く過ごした2人。

明里が転向後、中学生になった2人は手紙のやりとりをする関係となっていました。

そんなある日、1年ぶりに再会することを決めた2人。

貴樹は明里の住む駅まで向かいますが、その途中雪が降り始め貴樹の乗った電車は大幅に遅れて明里の待つ駅に到着したのでした。

第二部「コスモナウト」

種子島に転向した貴樹。

高校生となり弓道部に所属していました。

そんな貴樹に思いを寄せる花苗。

花苗はサーフィンをやっていますが、波に乗れない日々が続いていました。

いつか波にもう1度乗れたら、貴樹に告白すると心に決めた花苗がいたのでした。

第三部「秒速5センチメートル」

大学と同時に東京に戻った貴樹。

そのまま就職し大人になりますが、どこか心には空虚なものを感じる日々を送っていました。

もう自分があの頃の思いを抱かなくなってしまったと感じた日、貴樹は会社を辞めたのでした。

『秒速5センチメートル』はスピード

(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

新海監督は『秒速5センチメートル』のタイトルの意味をスピードだと言っています。

シンプルなタイトルだけど、そこに力強いものを込めたとも言っていました。

小学生の明里の距離は0で、2人は同じ速度で進んでいました。

しかし明里が転向してから2人に物理的な距離が生まれます。

そこから手紙を送りあう2人。

その手紙の速度、明里に会うために貴樹が乗った電車のスピード。

新海監督は2人の距離を色んなスピードで表現したのでした。

小学校の頃0だった2人の距離は離れてから、もう一度0になることはありませんでした。

そのもどかしさがに主題歌の「One more time,One more chance」が重なり、とても切ない物語となっていました。

いますぐ『秒速5センチメートル』を視聴したい方は、こちらから視聴可能です↓↓
(2018年12月現在)


秒速5センチメートル [Blu-ray]


小説 秒速5センチメートル (角川文庫)

スポンサーリンク