ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン1第5話 裏の世界の入口を見つけるために


ついにウィルのいる世界がどこなのか気がついたマイク達。ウィルを見つけるために彼らがとった行動は?オタクならではの知識で入口を探し始めました。ここではウィルのいる世界を整理してみたいと思います。

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン1第5話


Stranger Things Season 1 4-disc DVD / Blu-Ray Collectors Edition Box Set (Exclusive VHS Box Style Packaging)

第5章「ノミの曲芸師」

ホッパーが研究所に忍び込み、少年たちは異次元の話を先生に尋ねる。

ナンシーとジョナサン、ウィルを連れ去った謎の生物と対峙する覚悟を決める。

(出典:https://www.netflix.com/title/80057281)

影の谷

ウィルの声を聞いたマイク達は、ウィルがどこにいるのか考えます。
暗くて何もない世界。
それがエルのいう「裏側」なのです。

『ダンジョン&ドラゴンズ』でいう「影の谷」です。
影の谷とは現実世界の暗い影であり鏡像である」と『ダンジョン&ドラゴンズ』のルールブックには書いてあります。
さらに「そこは死と腐敗の地」「異次元の世界」「怪物の住みか」「そばにあるが見えない」と説明されています。

つまりウィルがいるのは「並行世界」なのです。

マイク達はウィルを見つけるためには「並行世界」の入口を探さなくてはいけなかったのです。

コンパス博士

「平行世界」について先生に聞いたマイク達。
先生の説明では裏側の世界に行くには、膨大なエネルギーが必要とのことです。
そのエネルギーで時空に裂け目を作りゲートを作るのです。

もしすでにゲートがあれば重力や磁場や環境を乱すので見つけることができます。
そこで才能を見せたのがダスティンです。
彼はコンパスで磁場の乱れに気がついたのでした。

方位磁針は誰もが知っているように北を指します。

しかしこの時、針は北を刺していませんでした。

なぜ方位磁針の針が北を指すのか?
それは、針自身が磁石でできています
地球には北極と南極に大きな磁場があって、北極にはS極・南極にはN極の磁場が存在します。
方位磁針の赤い針はN極なのでS極にひかれて北を示す仕組みになっているのです。

これを知っていたダスティンはコンパスの向きを磁石で動かせることを知っていました。
強力な磁場があると針がそっちを向き、コンパスは狂ってしまうのです。

先生から教えてもらった裏側世界のゲートには巨大な力が存在し、磁場を乱すとのことでした。

ダスティンは針の示す方向に向かえば、ゲートにたどり着けると気がついたのでした。

高校生の80年代

マイク達がウィルのいる世界を探し始めた頃、ジョナサンとナンシーもまたバーバラを探し森に入っていました。

ジョナサンは第2話で弟のウィルにロックを聞かせるほど、ロックに没頭していた高校生でした。
そのジョナサン部屋に貼ってあったのが、『死霊のはらわた』のポスターでした。
父親に不謹慎だから外せと言われてたのが、このポスターです。


死霊のはらわた [Blu-ray]

日本では1985年に公開された作品でしたが、アメリカでは1981年に公開されています。
スプラッター映画ブームを作った作品とされる『死霊のはらわた』ですが、ロック好きなジョナサンにとっては、残酷な世界を描いた映画も好きだったのかも知れません。

またこの映画の不気味な世界が『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の不気味な世界を示していたのかもしれません。

ジョナサンがロックやホラーにハマっている頃、ナンシーは第3話で分かったようにトム・クルーズにハマっていました。
スティーブはそんなナンシーをトム・クルーズ主演の「栄光の彼方に」に誘います。


栄光の彼方に [Blu-ray]

1983年にアメリカで公開された『栄光の彼方に』ですが、日本では残念ながら劇場公開されなかった作品です。
1983年はトム・クルーズの主演作品が4本も公開されるほど、彼が大人気になった年でもありました。

スティーブが似ていると言われてナンシーの前で歌った曲は、トム・クルーズが『卒業白書』の中で歌う有名なシーンの真似でした。

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』では、マイク達だけでなく当時の高校生の間で流行っていたものも知ることができます。

まとめ

ついにウィルのいる世界に気がついたマイク達。
彼らがいつも遊んでいた『ダンジョン&ドラゴンズ』がかなり役に立ちました。

そして理科が得意なダスティンがコンパスの知識を使ってゲートの見つけ方に気がつきます。
結局はエルによって妨害されてしまいますが、オタク少年たちの能力が発揮されたエピソードでした。

一方でナンシーも裏側のゲートを見つけ、入り込んでしまいました。

異変に気付き始めたホーキンスの人たちの今後の動向から目が離せなくなってきました。