Netflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン1第1話「ウィル・バイヤーズの失踪」の感想


Netflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。
懐かしい世界にはまった人もたくさんいると思います。
つい先日シーズン3の予告や各エピソードのタイトルも発表されたばかりです。
2019年放送予定なので、今から見直せば追いつくことができます。

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』作品情報

タイトル ストレンジャー・シングス 未知の世界 (Stranger Things)
放送 2016年〜
シーズン数 シーズン1〜
製作国 アメリカ

1980年代復活

ドラマを見初めてすぐに思い出したのが、『E.T.』です。

自転車に乗った子供達。

これはまさしく『E.T.』の世界です。

そしてそのスピルバーグの『E.T.』をオマージュしてJ・J・エイブラムスが作った『SUPER8/スーパーエイト』

さらにはホラー映画の『IT/イット”それ”が見えたら、終わり。』なども思い出します。

どれもが1980年前後に子供たちが冒険する映画です。

みんな自転車に乗っているのも共通点です。

1980年代を描いた作品が大好きな映画ファンにとっては、たまらない作品がこの『ストレンジャー・シングス 未知の世界』です。

あの懐かしさがたくさんつまった、甘酸っぱさを思い出させてくれるドラマでもあります。

シーズン1第1話「ウィル・バイヤーズの失踪」

1983年11月6日インディアナ州ホーキンス。

物語の舞台はホーキンスという町です。

米国エネルギー省ホーキンス研究所から1人の女の子が逃げ出しました。

腕に011と彫られた少女。

自分のことを「イレブン」と言っています。

しかもこの少女は特殊な能力を持っているようです。目の力で扇風機を止めました。

その頃この町に住む少年ウィル・バイヤーズの姿が見えなくなります。

母親と兄は心配し警察に届けます。

警察が森の中を探していると、乗り捨てられた自転車を見つけますがウィルの姿は見えません。

ウィルの友達マイク、ダスティン、ルーカスは夜親に内緒でウィルを探しに出かけます。

自転車の見つかった場所に行った3人。

そこから森の中へ入って行きました。

3人は森の中で音がする方にライトを向けると、研究所から逃げ出した少女がいたのでした。

どんな冒険が待っているのか?

 

シーズン1の見どころ

イレブンと自分のことを指差した少女の正体は?

ウィルはどこに行ってしまったのか?

シーズン1ではマイク、ダスティン、ルーカスにどんな冒険が待っているのでしょうか?

さらにウィルの母親役のウィノナ・ライダーも気になります。

シーズン3の情報解禁

先日シーズン3の情報が解禁されました。

楽しみです!





スポンサーリンク