Netflixオリジナルドラマ『デアデビル』 シリアスな展開にはまってしまう!


Netflixオリジナルドラマの『デアデビル』。
マーベルコミックの作品ではありますが、マーベル・シネマティック・ユニバースの映画とは違い、かなりシリアスな展開で進みます。
その淡々とした展開に見ているとドンドンはまってしまうのが、『デアデビル』です。

シーズン1予告

シーズン2予告

シーズン3予告

『デアデビル』作品情報

タイトル デアデビル (Marvel’s Daredevil)
放送 2015年〜2018年
シーズン数 シーズン1〜3
製作国 アメリカ

Rotten Tomatoes

シーズン1

シーズン2

シーズン3

孤独なヒーローデアデビル

基本的にスーパーヒーロは自分の正体を隠しています。

デアデビルのマシューも自分の正体を隠してはいるのですが、他の正体を隠しているヒーローよりもかなり孤独と言えるのがデアデビルです。

特にシーズン3では本当に孤独です。

しかも自分から孤独を望んでいます

幼い頃から見捨てられたと思っているマシューにとっては仕方ないのかもしれません。

その孤独が物語全体をシリアスにしているのですが、そこにはまってしまいました。

お気に入りキャラクター

『デアデビル』の中で1番のお気に入りキャラクターはフォギーです。

シーズン1ではどこか頼りなかった彼ですが、シーズン3では本当にかっこいいです。

最後までマシューを信じ続けるフォギー!

弁護士としての能力はマシューよりも高いと私は思っています。

スピーチの能力はかなりあります。

3シーズン通して最初から最後まで変わらず、いい人で優しかったのはフォギーだけでした。

そんなフォギーが大好きです。

『デアデビル』の詳細

シーズン1はデアデビル誕生まで。

シーズン2はパニッシャーの物語。


デアデビルVSパニッシャー (MARVEL) [ デビッド・ラッファン ]

シーズン3はマシューの物語。マシューはデアデビルのスーツは1度も着ていません。

ちなみにシーズン2とシーズン3の間にNetflixオリジナルドラマの「ザ・ディフェンダーズ」の物語があります。

なので、シーズン3の冒頭は「ザ・ディフェンダーズ」の最後から続く展開となっています。

シーズン4はキャンセル

上記のRotten Tomatoesの評価を見ていただければ分かると思いますが、『デアデビル』はかなり人気のドラマです。

なのに、シーズン4はキャンセルとなってしまいました

こんな人気で評価の高いドラマをキャンセルにするなって、Netflixもかなり強気だなと思うと同時に残念で仕方ないです。

また一緒に働くことになったマシュー、フォギー、カレンの姿が見たかったです。

Netflixオリジナルドラマのマーベル作品いくつか残っているので、3人が登場してくれることを期待したいです。

そして出来ればいつか復活して欲しいです。

TTV
スポンサーリンク